記事外注化のメリット(ライターさんは読まないで下さい)

ブログを書いて稼ぐ方法
スポンサーリンク

記事外注化のメリット

このページは記事外注化のメリットお伝えします。

このページに書いてある内容はあくまで発注する側の都合によって書かれていますので記事の執筆を請け負っているライターさんは読まないでください。

仕事をする気がなくなると困ります。

あなたはライターさんではありませんか?

そうでなければ続きを読んでください。

それでは本編にいきます。

情報収集の時間が必要なくなる

記事を外注化するメリットで最も大きいものはこれだと思います。

例えばあなたがよく知らないジャンルの記事を書く場合情報収集から始めますよね。

この情報収集の時間はかなりかかります。

この情報収集の時間が記事を外注化することによって必要じゃなくなるということです。

そのジャンルに知識を持っているライターさんに外注をすることで情報収集をする必要がなくなる。

これによってあなたが知識を持っていないジャンルでも容易に参入できる。

これが記事外注化の最大のメリットだと思います。

もちろん専門知識が必要な記事を書いてもらうためには文字単価は高くなります。

例えば医者とか弁護士じゃないと書けないような記事(医療情報とか法律関係ですね)こういった難しい記事を書いてもらう場合は文字単価は高くなりますがそれでも自分で一から調べるよりは遥かにコストパフォーマンスが高くなります。

このように外注を使うことによってどんなジャンルの記事でも時間をかけずにあなたのブログに載せることができます。

違う視点を取り入れられる

どうしても同じ人間が記事を書くと文末の表現が毎回同じだったり、先入観を持った記事ができてしまったり、情報収集の手段が偏っていたり。

つまりは記事がワンパターンになってしまうということですね。

外注さんを取り入れることによってこの1パターンということが回避できます。

また外注さんから記事のアイデアを提案してもらえることもあります。

このようにあなたのブログに違う視点を取り入れることができる。

これも外注化のメリットですね。

商品探しやマーケティングに時間を使える

それでは外注化によって浮いた時間を何に使うべきでしょうか。

それはマーケティングが一番効率がいいでしょう。

アフィリエイト案件には膨大な数の案件があります。

どのような商品が売れるかを選んだり、ASPさんと交渉をしたり、また自分のブログの顧客層を調査してどのような商品が売れるか?どのような記事が読まれるか?つまりはマーケティングですね。

これをする時間するための時間に浮いた時間を当てるといいでしょう。

このマーケティングは外注さんには頼めない分野なので、外注さんに頼める部分は外注さんに頼み、頼めないことであるマーケティングにあなたが注力する。

こうすることであなたのサイトのマネタイズ力が上がってくると思います。

このマネタイズにお金も時間を使えるというのが記事外注化のメリットですね。

記事外注化のアドバイス

それではここから記事を外注化するにあたってのアドバイスをいくつかするので実際に記事外注化をする場合は参考になさってください。

ライティング初心者を使うべし

まず第一のアドバイスとしてライティングの初心者を使うということがお勧めです。

まずライティング初心者を使うことのメリットとしては依頼費用が安く抑えられるということが挙げられます。

あなたの書きたい記事のジャンルの知識を持っていて、かつライティングでは初心者という人を探しましょう。

逆に言うと報酬を安く設定しているとライティング初心者しか申し込んできません。

こうして専門知識を持っていて安く使えるライティング初心者を探しましょう。

またライティング初心者を使うことのメリットとして安いの他にSEOに偏りすぎない記事を書いてくれるということがあります。

近年では Google の検索のアルゴリズムなどが発達していてかつてのようにゴリゴリのキーワード SEO は敬遠されがちということになります。

下手に SEO ができるライターさんに頼むとあまりにも SEO に偏りすぎて内容が薄いということもあります。

SEO記事はアップデートにも引っ掛かりやすいです。

変に SEO の知識をちらつかせるよりはストレートに記事を書いてもらった方が読者の役に立つということになり、ひいてはアクセスアップにつながります。

もう一つはキーワードを意識しすぎていないということですね。

キーワードを意識しすぎると文章として変になってしまったり、無理にキーワードを文章に含もうするライターさんも少なくありません。

先ほどの SEO の話とも繋がりますが、あまりにもキーワードばかりを気にしていると良い文章が上がってきません。

初心者のライターさんに「○○について書いてください」と依頼したほうがいい記事が上がってくると思います。

初心者のほうがオリジナリティーが出ます。

記事にはやはりオリジナリティーが必要ですよね。

初心者のライターさんはキーワードを無理に使おうとかサジェストワードを使おうなどと言った余計な気遣いをせずに依頼通りの記事を書いてくれるのでこれによってオリジナリティーが出るということですね。

もちろんライターさんも人間ですから、ライターさん次第ですよ。

希望に叶うライターさんが見つかるまで根気よく探しましょう。

クラウドワークスがおすすめ

ライターさんをどこで探すかと言うとクラウドワークスがおすすめです。

私自身クラウドワークスしか使ったことがないので他は知らないのですが。

クラウドワークスであなたが書きたい記事のジャンルの知識を持っていて「初心者歓迎」といったタイトルでワーカーさんを引き付けましょう。

クラウドワークス (crowdworks.jp)

募集の際には

  • 初回はテストである
  • テストは半分の報酬で受けてもらう
  • 2~3ヶ月程度の継続で報酬アップもある
  • マニュアル支給によってライターとして必要なスキルが身に付く
  • 記事の添削によってライターさん自身もステップアップにつながる

と言ったことを募集要項に含めると募集が増えます。

また、マニュアルは必ず作りましょう。

良いマニュアルを作ればどんな初心者でも一定のクオリティの記事が上がってきます。

私は外注化のおかげでお金も時間も増えました

私は外注化を取り入れることによってアクセスアップしただけでなく収入も増えた上に時間も手に入りました。

記事の外注は効率の良い投資であると考えてください。

ぜひ、貴方も記事の外注化を取り入れてみてください。

コメント