【ドラフト予想】阪神は誰を指名する?

高校野球2019
スポンサーリンク

ドラフト会議2019阪神の指名予想

このページでは2019年ドラフト会議で阪神が指名する高校生選手を予想します。

1位指名は投手を予想

奥川恭伸、佐々木郎希、及川雅貴の将来のエース候補は外せない。

この3人中から1位を選ぶと予想されます。

実力や実績を考慮すると星稜高校の奥川恭伸が目立ちますね。

また、津田学園の前佑囲斗も指名する可能性が高いと予想します。

阪神はキャッチャーを上位指名する可能性大

キャッチャーは扇(守備)の要である、とはよく言う言葉で非常に重要なポジションです。

かつて黄金時代を築いたチームは必ずと言っていいほど代名詞的なキャッチャーがいました。

今年はキャッチャーを獲る、と明言していることから上位指名が予想されます。

高校生で良いキャッチャーというと星稜高校で奥川とバッテリーを組んでいた山瀬慎之助、智弁和歌山の東妻純平の、中京の藤田健斗の三人。

この三人のうち一人か、もしくは大学生を指名するか。

阪神はバッターの補強が急務

阪神打線の中核と言えば糸井(38歳)、福留(42歳)とかなりのベテラン、さらに鳥谷が退団するなど野手の戦力不足が心配されます。

このため、中核を任せられるバッターを指名してくるでしょう。

  • 石川昂弥(東邦高校)
  • 井上広大(履正社)

この二人が濃厚でしょう。

また、韮沢雄也(花咲徳栄)や森敬斗(桐蔭学園)も下位ながら指名されると予想します。

以上、阪神のドラフト予想予想でした。

コメント