ドラフト候補の高校生2019井上広大(履正社)はどこに指名される?

高校野球2019
スポンサーリンク

井上広大のドラフト予想

履正社高校の井上広大のドラフト予想について解説します。

2019年の打者のドラフト最有力候補は井上広大と断言しましょう。

高校通算48ホーマーのスラッガー、強肩の外野手という事で複数の指名を受けることが予想されます。

井上広大をドラフト指名する球団は?

井上広大をドラフト指名することが予想される球団は

  • ソフトバンク
  • 西武
  • オリックス
  • 阪神

の4球団です。

ソフトバンクは松田宣浩が36歳、内川聖一が36歳、柳田悠岐が30歳と中核打者がそろって30代。

そろそろ次の世代の野手を育てたいところ。

西武は今シーズンは圧倒的な攻撃力でリーグを制しましたが、キャプテン秋山翔吾が海外FA権獲得しと米が濃厚、おかわり君こと中村剛也も36歳。

本塁打王の山川を擁しているとはいえ打者も欲しいはず。

オリックスは打率・本塁打・得点の打撃三部門のチーム成績がそろってリーグ下位であることから好打者が欲しいことは目に見えています。

阪神は鳥谷の退団、福留は42歳、糸井が38歳と打線の中核が大ベテランばかり。

次世代を担う選手を欲しがるでしょう。

井上広大がドラフト上位指名を予想する理由

井上広大の評価ポイントは選球眼の良さです。

三振が少なく、フォアボールが多い。

井上広大はシニア(中学)時代はキャッチャーをやっていました。

選球眼の良さはキャッチャーの経験があるから、と予想します。

また、甘い球を見逃さずに打つ、1球で仕留める技術も持っています。

選球眼の良さに加えて配球の読みも優れていそうです。

夏の甲子園決勝で星稜の奥川投手から放ったホームランも甘いスライダーを見逃さなかった結果です。

長打力に加えて選球眼の良さ、勝負強さ、配球の読み。

大打者に必要な要素をしっかりと兼ね備えています。

また、強肩なのが外野手としても魅力です。

まとめ

井上広大をドラフトで上位指名することが予想されるのは

  • ソフトバンク
  • 西武
  • オリックス
  • 阪神

の4球団です。

いずれも打者を欲しがっている球団です。

今後の活躍が楽しみな選手ですね。

以上、井上広大のドラフト予想でした。

コメント