【ドラフト予想】巨人は誰を指名する?

高校野球2019
スポンサーリンク

ドラフト会議2019巨人の指名予想

このページでは2019年ドラフト会議で巨人が指名する高校生選手を予想します。

1位指名は投手を予想

奥川恭伸、佐々木郎希、及川雅貴のエース候補は外せない。

この3人中から1位を選ぶと予想されます。

原監督が左投手が欲しいとの発言をしていたことから左腕の及川雅貴(横浜高校)が一歩リードかも?

実力や実績を考慮すると星稜高校の奥川恭伸が目立ちますね。

巨人はキャッチャーが実は欲しいかも

キャッチャーは扇(守備)の要である、とはよく言う言葉で非常に重要なポジションです。

かつて黄金時代を築いたチームは必ずと言っていいほど代名詞的なキャッチャーがいました。

今年で引退する阿部もその一人。

阿部の全盛期時代と巨人が強かった時期は一致します。

4番も任され、攻守の要だった阿部が引退したのは大きいですね。

近年はファーストを守ることも多かったとは言え、その穴は大きすぎます。

近年加入した角谷や小林なども正捕手として固定はできずに苦戦している場面も。

やはりキャッチャーが固定出来て初めてチームは安定します。

全チームに共通することですが、阿部が抜ける来期はこれを強く意識するはず。

高校生で良いキャッチャーというと星稜高校で奥川とバッテリーを組んでいた山瀬慎之助、智弁和歌山の東妻純平の二人。

この二人も十分に巨人が上位指名する可能性がありと予想します。

野手で注目は3人

ドラフト指名が予想される野手としては

  • 石川昂弥(東邦高校)
  • 井上広大(履正社)
  • 武岡龍世(八戸学院光星)

の3人に注目します。

石川昂弥(東邦高校)はU-18でも4番を任されるほどのバッティング力があり、競合も多くなりそうです。

履正社の井上広大とともに打者としては最有力候補でしょう。

井上広大(履正社)は右の大砲。

若き4番の岡本と似たタイプなので順位は低いかもしれない。

そのため、先に他所に取られる可能性大。

武岡龍世(八戸学院光星)は「坂本2世」。

坂本に憧れ、四国は徳島から坂本の母校である八戸学院光星に入学。

ポジションも同じくショートだが、打席では左。

坂本は今や「ミスタージャイアンツ」とすっかり顔となったが、若いつもりが31歳。

そろそろ後継者を、というタイミングでの坂本2世入団はいかがでしょうか?

以上、ドラフト予想・巨人は誰を指名する?でした。

コメント