エイプリルフールの由来とは。なぜ嘘をついていいの

エイプリルフール
スポンサーリンク

エイプリルフールの由来で有力な説は

このページではエイプリルフールの由来について
解説します。

なぜ嘘をついていい日なのか、
気になっている方は読んで下さい。

フランスのグレゴリオ暦採用が由来という説

フランスの当時の王、シャルル9世が
1564年に1月1日を新年とする
グレゴリオ暦を採用すると決定します。

それまでヨーロッパの新年は3月25日で、
4月1日まで春の祭りをしていました。

それなのに勝手に暦を変えるとは!と
民衆は反対運動をおこします。

これまで春の祭りをしていた
4月1日を「嘘の新年」とし、
馬鹿騒ぎを始めました。

この反対運動に怒ったシャルル9世は、
嘘の新年を馬鹿騒ぎで祝っていた
市民を逮捕し、処刑してしまいました。

この事件を忘れないため、
また抗議の意味を込めて
その後も毎年嘘の新年として4月1日に
馬鹿騒ぎを続けたのです。

エイプリルフールはこの馬鹿騒ぎに
由来すると言われています。

現在のところ最も有力とされるのが
このフランスでのグレゴリオ暦採用説です。

スポンサーリンク

インドの修業が由来という説

インドでは修行僧が毎年3月25日から31日までの
一週間、厳しい修行をしていました。

そして、この一週間が終わる4月1日には
俗世へと戻ってきます。

厳しい修行の場から帰ってくるこの日を
「揶揄(やゆ)節」と呼んでいました。

揶揄とはからかうという意味も含んでおり、
この「4月1日はからかう日」と言うものが
ヨーロッパに伝わり、
嘘をついてからかう日、となったのではないか、
というのがインドの修業が由来説です。

フランス由来説とインド由来説の共通点

フランス由来説とインド由来説には共通点があります。

3月25日から4月1日という期間です。

フランスでは新年のお祭りの期間、
インドでは厳しい修行の期間、
偶然の一致でしょうか?

春分の日が昔の暦ではここだったのでは?と推測します。
(現代では3月21日)

春分とは昼の長さと夜の長さが等しくなる日。

夜のほうが長い冬が終わり、
ここからは昼のほうが長くなっていくという節目の日です。

ここに合わせてお祭りや修行をしていたのではないでしょうか。

エイプリルフールのはっきりとした由来や意味は不明のまま

エイプリルフールのはっきりとした由来や意味は不明のままなんです。

一大イベントとして世界中に広まり、
国ごとにローカルルールがあったりします。

由来や意味は不明でも
人類共通のイベントとして楽しむのもいいのではないでしょうか。

以上、エイプリルフールの由来についてお知らせしました。

エイプリルフールについてもっと知りたければ
エイプリルフールまとめのページへどうぞ

コメント