野球の走塁中にボールが当たると?(守備妨害の解説)

野球

このページでは野球のランナーが走塁中にボールが当たった場合、ルール上どうなるのかを解説します。

基本的には守備妨害とされてアウトになりますが、ケースによってはアウトにならない場合もあります。

このページを読めば試合中にランナーとしてどういうことに気を付けるべきか、内野手としてどういうプレーをするべきかが分かります。

スポンサーリンク

走塁中のランナーにボールが当たるとアウト

基本的にはランナーにボールが当たった場合、ランナーは守備妨害となってアウトになります。

これは故意でも偶然でも、です。

ランナーは飛んできた打球は避けなければなりません。

また、セカンドランナーがいる場合にショートゴロを打ち、セカンドランナーがショートの前に立ち止まってギリギリで打球を避ける(よくあるケースですね)、これも悪質と判断されれば当たってなくても守備妨害になります。

守備を妨げた、と判断されるためです。

ランナーにボールが当たってもアウトにならない場合

ボールに当たっても守備妨害にはならないケースもあります。

  • 一度でも内野手が触れたフェアボールに触れた場合
  • インフィールドフライが宣告された後に、塁についている走者に飛球が触れた場合
  • 守備側の送球がランナーの背中に当たった場合

一度でも内野手が触れたフェアボールに触れた場合

一度でも内野手が触れたフェアボールに触れた場合、この打球に当たっても守備妨害にはなりません。

例えば内野手が打球をはじいて方向が変わった場合です。

内野手がボールをはじくことはランナーには予測ができないからですね。

ただし、はじいた後の打球を他の野手が捕球しようとしているプレーを妨害したと判断される場合は守備妨害になることもあります。

あくまで偶発的な接触のみ許されるのです。

インフィールドフライが宣告された後に、塁についている走者に飛球が触れた場合

インフィールドフライが宣告された場合はランナーは帰塁してベースについています。

ここにボールが落ちてきてランナーに当たった場合は守備妨害になりません。

ランナーは塁を踏んでいる必要があるので避けられなかった、という場合がこれになります。

守備側の送球がランナーの背中に当たった場合

キャッチャーゴロやライト前ヒットでサードでのクロスプレーが多いケースですね。

この場合はそのままプレー続行となります。

ただし、わざと送球するスペースをふさぐように走った場合は守備妨害になることもあります。

例えばキャッチャーゴロでランナーがファールラインよりも内側を走った場合など。

このページの内容は公認野球規則を抜粋・参考にしています。

コメント