イースターとは。2019年はいつ?

イースターとは
スポンサーリンク

2019年のイースターはいつ?

イースターは移動性の祭日なので毎年違います。

このページでは2019年のイースターはいつなのか、
どうやって決めているのか、
をお伝えします。

2019年のイースターは4/21

2019年のイースターは4/21になります。

これをどうやって決めているのかというと、
このような決まりがあります。

春分の日後、最初の満月の次の日曜日
となります。

春分の日とは日本では休日になっていますが、
これは本来、天文観測によってわかる
「春分点」のことです。

春分点は昼と夜の長さが同じになる日で、
夜のほうが長い冬が終わり、
昼のほうが長くなっていく節目の日です。

これの次の満月、
となっているので
毎年変わるんですね。

2019年の4/21とは
ここ数年では最も遅いイースターです。

早い年だと3月中のこともあります。

関連ページ

2019のディズニーイスターイベントの日程

そもそも「イースターとは何のこと?」という人は
イースターとは何かが分かる4つのポイント
のページで解説しています。

2019年の春休みは海外旅行に最適

春休みに海外旅行を計画している人には朗報です。

なぜならキリスト教国家の場合、
イースター当日と、その周辺日は
祭日としてお休みだからです。

例えば去年、
2018年のイースターは4/1でした。

学生だと春休みなので
海外旅行に行きたい人も多かったはず。

ですが、
その日はイースター休暇でどの商店もお休み、
という事もあるんです。

それが今年のイースターは4/21なので
春休みは終わっています。

なのでイースター休暇にあたって
なにもできなかった、
なんてことにはならないんですよ。

国によっては国民の祝日として休暇になる

ヨーロッパの国々だと
イースター当日とその周辺日は
国民の祝日で休暇、
という国も多いのです。

アメリカは多民族国家なので
国としては定めていませんが、
州や地域によっては
休暇のこともあります。

こんな時期に旅行に行っちゃうと
買い物もほとんどできませんよ。

東方教会はイースターの日付が違う

ここまでの説明は
キリスト教の西方教会についてです。

東方教会に関してはイースターの日付が違います。

東方教会の2019年のイースターは4/28です。

東方教会とは主にロシア正教などです。

日本には東方教会も入ってきているので
場所によっては4/28に祭礼をするところもあるかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ。2019のイースターは盛り上がりそう

2019年のイースターは4/21です。

花見の時期と重なることが多く、
イマイチ影が薄かったのですが、
2019年は花見よりも遅いため、
盛り上がりそうですね。

以上、2019年のイースターはいつかについてお知らせしました。

コメント