除毛クリームの仕組みを知れば肌荒れしないでムダ毛処理できる

男の身だしなみ
スポンサーリンク

除毛クリームの仕組みがわかる

ムダ毛処理の方法として浸透しつつある除毛クリーム。

ですが、肌に塗るだけで毛がなくなるってどうなっているんだろう、と疑問に思っている人も少なくないようです。

ムダ毛処理したい男性
ムダ毛処理したい男性

エステの脱毛も高いしカミソリでずっと剃ってきたけど、除毛クリームってどうなんだろう。塗るだけで毛がなくなるって怪しい気がする。肌荒れとか体に悪い事ってないのかな?どういう仕組みで毛を処理するんだろう?

このページを読めば除毛クリームの仕組みが分かり不安を解消できます。

同時に除毛クリームの正しい使い方が分かるので肌荒れなどのトラブルなしでムダ毛処理ができるようになります。

除毛クリームは毛を溶かす

除毛クリームは毛を溶かしています。

除毛クリームの有効成分はチオグリコール酸カルシウムと言うものです。

NULLのリムーバークリーム。
除毛クリームは「リムーバークリーム」という商品名も多い

チオグリコール酸カルシウムとは、タンパク質を分解する性質を持つ物質です。

毛は主にタンパク質からできているのでチオグリコール酸カルシウムによって分解して溶かすのです。

チオグリコール酸カルシウムは除毛クリームのほかパーマ液にも使用されています。

なので除毛クリームはパーマ液と同じにおいがします。

パーマは、チオグリコール酸カルシウムで毛髪の表面を溶かし、カーブして再び結合させることで曲がった状態をキープできるのです。

除毛クリームは高濃度でチオグリコール酸カルシウムが配合されているので、溶かすことができるんです。

これが除毛クリームの仕組みです。

除毛クリームはパーマ液と同じ成分で毛を溶かしているんです。

なじみのあるパーマ液と同じ仕組み、と聞くと安心して使えますね。

ここからは使い方の注意点を解説します。

これを読んで正しく、失敗しないムダ毛処理をしましょう。

肌荒れしない、失敗しない除毛クリームの使い方

パーマ液とは違い、肌に直接塗るので放置時間は厳守

除毛クリームの仕組みはパーマ液と同じ成分で毛を溶かすこと、と書きましたが使い方の注意です。

パーマ液は髪に塗るのに対し、除毛クリームは肌に直接塗ります。

髪の毛よりも体毛のほうが密度が低いので肌に塗ることになります。

また、有効成分のチオグリコール酸カルシウムが高濃度に含まれます。

なのでパーマよりは比較的短い放置時間で毛の処理ができます。

商品や毛の状態によって放置時間は違いますが、厳守しましょう。

肌も毛と同じタンパク質からできているので毛と一緒に肌も溶かしてしまいます。

除毛クリームで肌荒れなどのトラブルが起きた人は放置時間が長すぎることがほとんどです。

除毛クリームは毛と一緒に肌も溶かします。

放置時間は厳守しましょう。

部位は必ず守る

除毛クリームを使う場合は部位を必ず守りましょう。

多くの商品はボディ用となっています。

基本的には顔とデリケートゾーンは使用禁止です。

顔は目に入ったら危険だし、肌が弱い部分、薄い部分があるからです。

デリケートゾーンは肌が弱い部分や粘膜などもあるため使用は控えましょう。

物によってはデリケートゾーンに使っていいものもありますが、低刺激性になっています。

また、敏感肌の人はパッチテストをしましょう。

除毛クリームは肌を守る成分なども含まれていますが、肌が弱い人は事前にパッチテストをおすすめします。

除毛クリームの使用は部位を守り、事前にパッチテストをすれば万全です。

量はたっぷり目に、毛を包み込むくらい塗る

除毛クリームの失敗談としてよくあるのが塗る量が少なすぎた、と言うものです。

肌にうっすら塗る、ではなく毛を包み込むくらいの量を塗ってください。

毛を溶かすにはそのくらいの量は必要です。

量はたっぷり目に、毛を包み込むくらい塗りましょう。

洗い流す前にスポンジなどでこする

除毛クリームで毛を溶かした後はシャワーで洗い流しますが、その前に必ずスポンジなどでこすります。

これをサボってこすらずに洗い流すとムダ毛処理に失敗します。

除毛クリームは毛を溶かしますが、放置時間内には完全に溶かすことはできません。

毛が完全に溶けきるまで放置すると肌にも深刻なダメージがあります。

肌がダメージを受けない程度の放置時間だと毛は溶け切らずにボロボロになった程度の状態です。

これを肌から取り除くためにこするんです。

こすって物理的な力で毛を断ち切ります。

こする物はスポンジのほか、タオルやキッチンペーパーなどでもできます。

除毛を失敗しないためにも、こすることをサボらないでください。

まとめ

除毛クリームの仕組みについて解説しました。

パーマ液と同じ成分(チオグリコール酸カルシウム)で毛を溶かしている、という事でした。

仕組みを知って、正しく使えばきれいにムダ毛処理ができます。

肌の露出が多い季節でも自信をもってお出かけしましょう。

コメント