甲子園優勝候補予想2019。元高校球児が2校を厳選

高校野球2019
スポンサーリンク

2019夏の甲子園優勝候補予想

2019年の夏の甲子園の優勝候補を予想します。

元高校球児として外せない優勝候補予想。

投打に優れた2校を厳選予想しました。


昨年の甲子園、金足旋風や大阪桐蔭の強さを再び

優勝候補筆頭は星稜高校

優勝候補筆頭にあげるのは星稜高校

「高校四天王」で唯一の甲子園進出を果たした奥川投手を擁する星稜はやはり優勝候補からは外せません。

星稜は奥川投手だけではなく、女房役の強肩キャッチャー山瀬慎之介もドラフト注目の逸材なんです。

バッテリーそろってドラフト候補となるほど抜群の安定感。

また、控え投手も昨夏の甲子園でも登板している左腕の寺沢孝多、最速144km右腕の寺西成騎や萩原吟哉の2年生コンビも頼もしい投手です。

投手力ではダントツと言っていいでしょう。

打撃陣では石川県大会決勝でグランドスラムを放った東海林航介、打率.429のアベレージヒッター4番の内山壮真を中心に得点力もしっかり。

初戦は北北海道の旭川大高校との対戦です。

奥川投手の立ち上がりに注目です。

春のセンバツでは習志野高校を相手に悔しい敗戦でしたが、今大会で雪辱を果たせるといいですね。

(習志野高校は1回戦で敗退したので今大会での因縁の対決は実現しなくなりました)

【追記】

星稜高校は1回戦を1-0で突破しました。

2回戦は立命館宇治との対戦です。

この試合の見どころを解説します。

打撃力の東海大相模

もう一つの優勝候補は東海大相模。

神奈川県大会決勝で24対1という圧倒的な打撃力を見せつけての甲子園進出でした。

神奈川県大会で7試合中5試合で2ケタの得点をするほど強力打線のチーム打率は3割9分9厘。

さらに打つだけではなく、7試合で18盗塁と足でも攻められるチームです。

走力は調子の良し悪しが出にくく、安定して発揮できるものなので盗塁も要注目ですね。

個々の選手に目をやると

  • 鵜沼 魁斗:高校通算22ホーマー
  • 山村 崇嘉:高校通算38ホーマー
  • 西川 僚祐:高校通算42ホーマー

のスラッガー2年生トリオが中心となり、甲子園でも攻撃力で攻め勝つ野球を見せてくれるでしょう。

また、サードを守る金城飛龍は元横浜ベイスターズの金城龍彦さんの息子で、走攻守の三拍子そろった好選手。

父のDNAをしっかり受け継いでいますね。

この夏は「高校四天王」を始め、ピッチャーに話題が集中しているように感じますが、野球は点を取って初めて勝てるスポーツです。

打撃力の東海大相模は優勝候補から外せません。

初戦の相手は前評判の高い近江高校。

初戦を勝って勢いがついたら止められないでしょう。

以上、元高校球児が2校を厳選!甲子園優勝候補予想2019でした。

コメント