甲子園の注目選手【投手編】四天王だけじゃない!

高校野球2019
スポンサーリンク

夏の甲子園2019注目すべき投手

2019夏の甲子園の注目選手(投手編)をお知らせします。

高校四天王のうち3人が地方予選で敗退するなど「話題を欠く」と言われている今大会ですが、他にも注目すべきいい投手がたくさんいます。

このページでは特に注目すべき投手をピックアップしてお知らせします。

星稜高校の奥川恭伸

今大会ナンバーワン右腕は、最速158キロを誇る「四天王」最後の一人となった星稜のエース奥川恭伸。

昨年夏は2年生ながらU18日本代表に選出されています。

ストレートは最速158km、球種はスライダー・カーブ・フォークと多彩。

特にスライダーとフォークはプロレベルと評価が高い。

制球力も非常に安定していて、内角・外角の投げ分けや変化球を低めに集めるなど安定しているので大崩れはしない投球術を持っています。

星稜高校の奥川恭伸の出身中学や前所属チームが知りたい方はここをくりっく。

近江高校の林優樹

近江の林優樹は昨年夏、金足農業戦のサヨナラツーランスクイズによって涙をのみました。

その悔しさをバネに聖地に戻ってきました。

ストレートは120キロ後半~133キロ程度と、剛速球とは言えないまでも高い制球力を誇っています。

そして持ち味のチェンジアップは120キロ前後のスピードで打者の手元で鋭く落ち、「伝家の宝刀」と言われています。

滋賀大会ではエースとして通算26イニングを投げて無失点、メジャーリーガーのダルビッシュもツイッターで絶賛したほどの好投手。

近江高校の林優樹の出身中学や前所属チームを知りたい人はここをくりっく。

明石商業の中森俊介

明石商業の中森俊介はまだ1年生。

ストレートは最速150キロに迫るほどの球速で、世代を代表する超本格派右腕です。

スライダー・カーブ・フォークの球種を持っており、特にスライダーの切れは非常に良い。

将来が楽しみな逸材です。

明石商業の中森俊介の出身中学や前所属チームを知りたい人はここをくりっく。

履正社の左腕・清水大成

履正社の左腕エース・清水大成のピッチングとルックスにも注目が集まる。

最速145kmの本格左腕。

制球力が非常に高くキャッチャーの構え通りにコースを突くコントロールの良さに注目。

フォアボールで崩れることはほぼないといえます。

また、ランナーがいても(クイックで投げても)球速がほとんど落ちないこともこの投手の持ち味。

履正社の清水大成の出身中学や前所属チームを知りたい人はここをくりっく。

習志野の飯塚脩人

習志野の最速148kmのエース飯塚脩人

ストレートは制球力もあり、とくに外角へのストレートで三振を取る場面も多い。

課題は変化球。

スライダー・カーブが持ち球だが、高めに抜けて甘く入ることも多い

速球を生かすためにも変化球のレベルアップが必要だ

習志野の飯塚脩人の出身中学や前所属チームを知りたい人はここをくりっく。

筑陽学園の西舘昂汰

筑陽学園で注目は福岡大会の準決勝・決勝で完投の背番号10・西舘昂汰。

最速144kmのストレートのほか、スライダー・カーブ・チェンジアップを持ち球にしています。

特にカーブは緩急の差があり、速球との組み合わせはバッターにとっては脅威となるでしょう。

筑陽学園の西舘昂汰の出身中学や前所属チームを知りたい人はここをくりっく。

花巻東の西舘勇陽

大谷翔平・菊池雄星を輩出した花巻東からは、最速150キロを誇る西舘勇陽に注目。

スライダー・カーブ・スプリット・チェンジアップと多彩な球種。

腕の振りが柔らかく、打者はタイミングが取りづらいと評判です。

花巻東の西舘勇陽の出身中学や前所属チームを知りたい人はここをくりっく。

津田学園の前佑囲斗

津田学園の最速148キロを誇る前佑囲斗

勢いと伸びのあるストレートで空振りを取っていくタイプ。

また、スライダーはキレもあり、制球力も高い。

津田学園の前佑囲斗の出身中学や前所属チームを知りたい人はここをくりっく。

以上、四天王だけじゃない!甲子園の注目選手【投手編】をお知らせしました。

コメント