センバツ2019年のチケット前売り券が発売開始。買える場所の解説

高校野球2019
甲子園の座席表
スポンサーリンク

センバツチケットの前売り券を買うには?

2019年のセンバツ(第91回)の前売りチケットは
いつどこで買えるのでしょうか?

このページではチケットの入手方法をお知らせします。

2019センバツの前売りチケット発売開始

2019年のセンバツの前売り券が3月1日から発売されました。

スポンサーリンク

センバツチケットの発売場所と値段

センバツのチケットは「単券」と「連券」があります。

まずは単券から紹介します。

単券とはいわゆる普通のチケットです。

一回分の券なので単券と呼ばれます。

甲子園の座席表(画像引用:阪神甲子園球場HP

一・三塁特別自由席

  • 一般2000円
  • こども(4歳以上小学生以下)800円
  • 23~30日の日付指定券(1~3回戦までの分)

日付の前々日まで前売りで買えます。

日付指定で買えるので自分の見たい学校が
出場する日を指定して買うことができます。

単券は全国のチケットぴあ、ローソンチケット、
イープラス、CNプレイガイド等コンビニで購入可能です。

単券の前売りは一・三塁特別自由席のみ。

※2018年の夏の甲子園から一般2000円、
こども800円に値上げしました。
センバツでもこれに合わせて値上げになりました。

連券(通し券)は前売りのみ

センバツのチケットには「連券」と言うものがあります。

これは、中央特別自由席の場合は
期間中は毎日見れる、というものです。

価格は25000円です。

連券ではこれの他に
一・三塁特別自由席もあります。

これは第1~4日と第5~9日は共通券が4枚つづりになっていて、
一人が4日間見てもいいし、同じ日に4人一緒に見てもいいチケットです。

準決勝、決勝は1枚づつついています。

1セット18000円。

連券の販売は3月14日まで

座席表は下のページを参照してください。

連券の前売り場所

  • 毎日新聞大阪開発(毎日新聞大阪本社3階、平日のみ)
  • ミズノオオサカ茶屋店(大阪・茶屋町)
  • 久保田運動具店(大阪・中津)
  • 大阪ホーマー(大阪・緑橋)
  • 梅田阪神プレイガイド
  • 毎日新聞旅行(東京・竹橋、平日のみ)
  • エスポートミズノ5階(千代田区神田小川町)
  • 毎日新聞福岡本部事業部(福岡市中央区天神、平日のみ)
  • 毎日新聞名古屋開発(名古屋市中区丸の内、平日のみ)
  • 毎日文化センター(名古屋・名鉄バスターミナルビル10階、平日のみ)

アルプスデッキ席

アルプス席(団体用貸し切りボックス席)

最上段の外野寄り、定員16人で1万5000円。

一、三塁側各2席。

23日~4月4日の日付指定で、日付の前々日まで前売り。

アルプスデッキ席は電話で申し込みです。

(0570・000・732、ローソン)

午前10時~午後8時。

以上、センバツの前売りチケットについてまとめました。

連券と単券では発売場所が違うので注意してください。

コメント