目の疲れに効く目薬の選び方

その他
スポンサーリンク

目の疲れに効く目薬の選び方

パソコンやスマートフォンなどの
画面を常に見ている現代では、
目の疲れがいつまでも取れないことで悩む人が多いです。

画面を見続けていると
まばたきの回数が少なくなり目が乾きます。

目の潤いは酸素を取り入れるために必要なものですから、
ずっと画面を見ていて目が乾いてしまうと
酸欠で疲労を感じます。

ですから、目薬をさすということが
目の疲れを取るためには良いことですが、
さらにその潤いを維持できる成分も入っている方が理想的です。

目の疲れに効く成分が入っている目薬の選び方としては、
乾きを解消するビタミンAや
保水性を持つコンドロイチン硫酸エステルナトリウム、
末梢神経の修復をするビタミンB12などが
配合されていることを確認してみましょう。

それからネオスチグミンメチル硫酸塩配合と
書かれている目薬も目が疲れているときには
効果的です。

目が疲れている状態だと
ピントを調節する毛様体の働きが
上手く機能せず見るものがぼやけていたり、
二重に見えたりします。

その原因は疲労によって
神経伝達物質の一種であるアセチルコリンが分解されてしまうので
毛様体に副交感神経の指令が届きにくくなるからです。

そこでネオスチグミンメチル硫酸塩が登場すると、
アセチルコリンの分解を防いで毛様体が正常に働くことが出来るようになります。

目が疲れた場合の目薬をさす頻度

目が疲れた時や気分転換などに目薬はかかせないものですが、
目薬を使いすぎるとかえって
目のトラブルを招いてしまうこともあります。

市販の多くの目薬には
塩酸ナファゾリンや塩酸テトラヒドラジンと言った
血管収縮剤の成分が含まれているので、
充血や目の疲れがおさまるので
利用している人も多くいると思いますが
常用すると目の充血を更にしやすくなるので注意が必要です。

目薬をさす頻度は、
人工涙液タイプ以外は一日4回以内をお勧めします。

それ以上使用すると血管収縮剤により
強制的に血管の収縮と拡張が繰り返されることで、
目への刺激が強すぎていっそう疲れや
充血が増すといった悪循環になっていきます。

コンタクトレンズを利用している人は更に注意が必要となり、
ハードかソフトかによっては
防腐剤が入っている目薬を使用していいかどうかの
チェックも肝心となります。

目薬をさすタイミングは、
朝家を出る前や昼食後、
帰宅する頃といった間隔で使用するのが
いいタイミングだと言われています。

これは目安でもあり基本的には
効果が薄れてきたと感じた時にさすものですが、
間隔を必ずあけるといったことを遵守することで
目を守るという注意喚起でもあります。

又、目薬を使用する際には部屋の湿度にも気を配ると、
目が乾燥しやすくなるのを避けることが可能です。

コメント