野球のランダウンプレー。このルールを知らないと大ピンチに

野球
Photo by Keith Johnston on Unsplash

このページではランダウンプレーの解説をします。

ランダウンプレーとは塁間にランナーが挟まれるものです。

漢字で「挟殺」とも書きます。

ランダウンプレーはエラーが出ると試合の流れを大きく左右するものです。

確実にアウトを取れるように知識を深めましょう。

スポンサーリンク

ランダウンプレーとはランナーが挟まれること

ランダウンプレーとは塁間にランナーが挟まれるものです。

ランダウンプレーはランナーの走塁ミスによって発生することが多いです。

確実にアウトを取りたい場面ですが、ここでエラーが出ると進塁や得点につながるので守備側にとってはピンチを招きます。

攻撃側にとっては先の塁を積極的に狙った結果なのでアウトになってもさほど痛手ではありません。

ルールの知識が甘いことが原因でのエラーもあります。

1試合に1回あるかないかの珍しいプレーですが、多くのチームが練習時間を割いているのはこういった理由からです。

なのでこの記事を読んで知識を深めてもらいたいのです。

ランダウンプレーが発生しやすい状況

ランダウンプレーの発生は、ランナー二塁でシングルヒットを打ってランナーは三塁を回ったが外野の好返球で挟まれた、というのが典型的なパターンでしょう。

「奇策」として一三塁で、一塁ランナーがわざと挟まれてスキをついて三塁ランナーが本塁を狙うということもあります。

この場合は「ディレードスチール」とも言いますね。

ランダウンプレーの基本は進塁させないこと

ランダウンプレーの基本はランナーを進塁させないこと。

なので塁間の前半分以内でランナーを挟むことが基本です。

例えば三本間で挟んだ場合はランナーを三塁側の半分よりも本塁に近づけさせないようにプレーします。

また、後続のランナーを進塁させないためにも早くアウトにすることも必要です。

外野のベースカバーの位置などをチーム内で確認しておくことが大事です。

ランダウンプレーのルール。二人でベースを踏むと・・・

ランナーが二人いる状況でのランダウンプレーで、後続ランナーが先行ランナーに追いついて一つのベースを二人で踏む、ということがよくあります。

この場合は先行ランナーが優先で後続ランナーは元の塁に帰る義務があります。

これを知らないと大ピンチを招く恐れがあります。

まとめ

ランダウンプレーは1試合に1回あるかないかの珍しいプレーですが、多くのチームが練習時間を割いているのは確実にアウトをとれないと大ピンチを招くからです。

攻撃側にとっては積極的な走塁の結果だし、エラーが出て点が取れればしめたものです。

ランダウンプレーのエラーは試合の行方を大きく左右するものです。

守備側、特に内野手はしっかりと練習しておきましょう。

コメント