侍ジャパンの歴代メンバー一覧表

その他
スポンサーリンク

侍ジャパンの歴代メンバー

侍ジャパンの歴代メンバーとともに歴史を振り返ります。

これを見れば、歴代最強メンバー、メンバーを選考する傾向が見えてくる。

2006年(WBC第一回大会)侍ジャパンメンバー

監督

王 貞治(福岡ソフトバンク)

コーチ

  • 大島 康徳
  • 鹿取 義隆
  • 武田 一浩
  • 辻 発彦
  • 弘田 澄男

投手

背番号選手名所属球団年齢
11清水直行 ロッテ 30
12 藤田宗一 ロッテ 33
15 久保田智之 阪神 25
18 松坂大輔 西武25
19 上原浩治 巨人30
20 薮田安彦 ロッテ32
21 和田 毅 ソフトバンク 25
24 藤川球児 阪神 25
31 渡辺俊介 ロッテ29
40大塚晶則 レンジャーズ34
41 小林宏之 ロッテ27
47 杉内俊哉 ソフトバンク25
61※ 馬原孝浩 ソフトバンク24

※当初はヤクルトの石井弘寿投手の予定でしたが、 負傷離脱により馬原孝浩(ソフトバンク)が代わりに追加招集

捕手

背番号選手名所属球団年齢
22里崎智也ロッテ 29
27 谷繁元信中日 35
15 相川亮二横浜29

内野手

背番号選手名所属球団年齢
1岩村明憲ヤクルト 27
2 小笠原道大日本ハム 32
3松中信彦ソフトバンク 32
7 西岡 剛ロッテ21
8 今江敏晃ロッテ22
10 宮本慎也ヤクルト35
25 新井貴浩広島 29
52 川崎宗則ソフトバンク 24

外野手

背番号選手名所属球団年齢
5和田一浩西武33
6多村 仁横浜 28
9金城龍彦横浜 29
17 福留孝介中日28
23青木宣親ヤクルト24
51 イチローマリナーズ32

WBC第一回大会総括

「ワールドベースボール・クラシック」
略してWBCの第一回大会となる2006年は
非常に豪華なメンバーが揃いました。

特徴としては、

  • 前年日本一の千葉ロッテマリーンズ勢が最多の8名
  • 楽天、オリックスからは一人も選ばれていない
  • 一人しか選ばれていない球団も複数ある

など、不均等に選ばれていました。

松井秀喜(ヤンキース)、井口資仁(ホワイトソックス)、城島健司(マリナーズ)など
メジャー組が参加辞退した中、
イチローと大塚晶則は参加。

国内組では

  • 松中、新井の両リーグホームラン王が参加
  • 和田、青木の両リーグ首位打者が参加

など、本当にドリームチームでした。

このドリームチームの監督を任されたのは「世界の王」こと王貞治監督。
ソフトバンクの監督との兼任で見事大役を果たしました。

結果を見ると
川崎、西岡、青木などの、
後にメジャーリーガーとなる若手選手の活躍が目立ちました。

これがメジャー挑戦のきっかけになったのかもしれませんね。

メキシコがアメリカに勝利しての奇跡のグループリーグ突破、
不振の福留選手の起死回生の代打スリーラン、
ホームラン王松中信彦選手の決死のヘッドスライディング、
川崎選手の「神の手」など、第一回大会から大きく盛り上がりました。

クールなイメージのイチローが、
実は熱っいオトコでチームリーダーとして先頭に立ち、
大会後でのインタビューでは冗談連発。

「彼らは先輩(自分)をリスペクトしていない」
の発言は名言でした。

そして、決勝では見事キューバを破り、優勝。

記念すべき第一回大会で見事頂点に立ちました。

スポンサーリンク

2009年(WBC第二回大会)侍ジャパンメンバー

監督

原辰徳

コーチ

  • 伊東 勤
  • 山田 久志
  • 与田 剛
  • 篠塚 和典
  • 高代 延博
  • 緒方 耕一

投手

背番号選手名所属球団年齢出場回数
11ダルビッシュ有日本ハム 22初出場
14馬原孝浩ソフトバンク272大会連続2回目
15田中将大 楽天20初出場
16涌井秀章 西武22初出場
18松坂大輔 レッドソックス282大会連続2回目
19岩田 稔阪神25初出場
20 岩隈久志楽天27初出場
22藤川球児 阪神282大会連続2回目
26内海哲也巨人26初出場
28小松 聖 オリックス27初出場
31渡辺俊介 ロッテ322大会連続2回目
39山口鉄也巨人34初出場
47 杉内俊哉ソフトバンク282大会連続2回目

捕手

背番号選手名所属球団年齢出場回数
2城島健司マリナーズ32初出場
10阿部慎之助巨人29初出場
29石原慶幸広島29初出場

内野手

背番号選手名所属球団年齢出場回数
5※栗原健太広島27初出場
6中島裕之西武26初出場
7片岡易之西武26初出場
8岩村明憲レイズ302大会連続2回目
9小笠原道大巨人352大会連続2回目
25※村田修一横浜28初出場
52川崎宗則ソフトバンク272大会連続2回目

※村田選手の負傷離脱により栗原選手が代わりに追加招集

外野手

背番号選手名所属球団年齢出場回数
1福留孝介カブス312大会連続2回目
23青木宣親ヤクルト272大会連続2回目
24内川聖一横浜26初出場
35亀井義行巨人26初出場
41稲葉篤紀日本ハム36初出場
51 イチローマリナーズ352大会連続2回目

WBC第二回大会総括

WBC連覇をかけた第二回大会。

2007、08年に巨人をセ・リーグ連覇に導いていた
原辰徳監督が侍ジャパンの指揮をとることになりました。

メンバー選考は、第一回大会よりも不均等を是正したように見えますね。

シーズン直前の開催という事もあり、
レギュラーシーズンに影響を与えないよう、
一つのチームに偏らないように配慮されました。

それでも豪華なメンバーがそろいました。

首位打者内川、ホームラン王村田の横浜コンビ、
奪三振王杉内など
タイトルホルダーが多く参戦しました。

この大会では城島、岩村、福留などイチロー以外の
メジャーリーガー野手も参加。

ダルビッシュ有、田中将大、青木宣親、岩隈久志などの
後のメジャーリーガーも数多く参戦。

本当の意味でのオール日本って感じですね。

準決勝ではアメリカに勝利するなど、
日本の強さを世界に見せつけた大会となりました。

宿敵・韓国と決勝で5度目の対戦をするなど、
本当にライバルだなと思える巡りあわせ。

特に決勝戦は、延長となる激闘でした。
まさに日本野球界の歴史に残る一戦。

不振だったイチローが決勝タイムリーを打って、
勝利を決定づけたシーンは覚えている方も多いのでは。

スポンサーリンク

2013年(WBC第三回大会)侍ジャパンメンバー

監督

山本浩二

コーチ

  • 与田 剛
  • 高代 延博
  • 緒方 耕一
  • 東尾 修
  • 梨田 昌孝
  • 立浪 和義
  • 橋上 秀樹

投手

背番号選手名所属球団年齢出場回数
11涌井秀章西武26 2大会連続2回目
12 能見篤史阪神33 初出場
15 沢村拓一巨人24 初出場
16今村 猛広島21 初出場
17田中将大楽天242大会連続2回目
18杉内俊哉巨人32 3大会連続3回目
20前田健太広島 24初出場
21森福允彦ソフトバンク26初出場
26内海哲也巨人302大会連続2回目
28大隣憲司ソフトバンク28初出場
35牧田和久西武28初出場
47 山口鉄也巨人292大会連続2回目
50 摂津 正ソフトバンク30 初出場

捕手

背番号選手名所属球団年齢出場回数
2相川亮二ヤクルト36 2大会ぶり2回目
27 阿部慎之助巨人332大会連続2回目
15 炭谷銀仁朗西武25 初出場

内野手

背番号選手名所属球団年齢出場回数
1鳥谷敬阪神31初出場
3井端弘和中日37初出場
5松田宣浩ソフトバンク 29初出場
6坂本勇人巨人24初出場
7 松井稼頭央楽天37 初出場
41 稲葉篤紀日本ハム402大会連続2回目
46本多雄一ソフトバンク28初出場

外野手

背番号選手名所属球団年齢出場回数
9糸井嘉男オリックス31初出場
13中田 翔日本ハム23初出場
9内川聖一ソフトバンク302大会連続2回目
34長野久義巨人28初出場
61角中勝也ロッテ25初出場

WBC第三回大会総括

3連覇をかけた第三回大会。

イチロー、松坂などのメジャーリーガーは全員不参加。

初めて国内組のみで戦うWBCとなりました。

この大会は監督選考も非常に難航しました。

初代王者、連覇を達成し、3連覇への期待と
プレッシャーがかかるこの大会。

引き受けるには相当の覚悟が必要だったことでしょう。

そんな中で白羽の矢が立ったのは、
現場を離れてから数年立つ山本浩二氏。

コーチ陣としては与田剛氏、高代延博氏、緒方耕一氏の3名が
前回からの続投となります。
WBCのコーチを複数回務めたのはこの3氏だけです。

田中将大、前田健太、坂本勇人の
「88世代」も話題になりましたね。

その一方で、稲葉、松井稼頭央、井端らの頼れるベテランが活躍するなど、
日本の層の厚さを感じさせました。

唯一の3連チャン、WBC皆勤賞は杉内投手。
抜群の安定感です。

台湾戦での1点ビハインドの9回2死の土壇場で、
鳥谷盗塁→井端のタイムリーは
絶叫ものでした。

鳥谷、井端両選手のメンタルの強さはすごい。

第一回大会の甦った福留、
第二回大会のイチローの決勝タイムリーとともに「WBC三大名シーン」
に名が挙がるほど、伝説的なプレーとなりました。

その一方でWBC第三回大会の盗塁と言えば
準決勝でのダブルスチール失敗ですね。

このプレーで敗戦の責任を感じた内川の涙は忘れられません。

このプレーのもととなった「行けたらいけ」のサインは
現場任せってどうなの?
という物議をかもしました。

結果的に準決勝で敗退となり、ベスト4.
3連覇を逃しましたが、日本の底力や世界に通じる実力を見せたチームでした。

スポンサーリンク

2017年(WBC第四回大会)侍ジャパンメンバー

監督

小久保 裕紀

コーチ

  • 奈良原 浩
  • 権藤 博
  • 稲葉 篤紀
  • 仁志 敏久
  • 大西 崇之
  • 村田 善則

投手

背番号選手名所属球団年齢出場回数
10松井裕樹楽天21 初出場
11菅野智之巨人 27 初出場
12秋吉 亮ヤクルト 27 初出場
14則本昂大楽天26 初出場
15 宮西尚生日本ハム31 初出場
17藤浪晋太郎阪神22 初出場
19増井浩俊日本ハム 32 初出場
20 石川 歩ロッテ 28 初出場
30 武田翔太ソフトバンク23 初出場
34岡田俊哉中日25 初出場
35 牧田和久西武32 2大会連続2回目
41 千賀滉大ソフトバンク24 初出場
66 平野佳寿オリックス32 初出場

捕手

背番号選手名所属球団年齢出場回数
9炭谷銀仁朗西武 29 2大会連続2回目
22小林誠司巨人27初出場
27大野奨太日本ハム30 初出場

内野手

背番号選手名所属球団年齢出場回数
2田中広輔広島 28 初出場
3松田宣浩ソフトバンク 332大会連続2回目
4菊池涼介広島28初出場
6坂本勇人巨人29 2大会連続2回目
13中田 翔日本ハム28 2大会連続2回目
23山田哲人ヤクルト 24 初出場

外野手

背番号選手名所属球団年齢出場回数
1内川聖一ソフトバンク343大会連続3回目
7青木宣親アストロズ 343大会ぶり3回目
8平田良介中日 28初出場
25筒香嘉智横浜DeNA25初出場
51鈴木誠也広島22初出場
55秋山翔吾西武28初出場

WBC第四回大会総括

覇権奪回目指した第四回大会。

この会から侍ジャパンを
常設することとなりました。

これまでは大会があるたびに招集をかける
悪く言えば「寄せ集め」に近い形での運営でしたが、
代表チームを常設し、中長期的な目線で代表強化をしてきました。

常設侍ジャパンの初代監督は小久保裕紀氏。

選手としてはホームラン王に輝くなど申し分ない実績を持ちますが、
指揮官としては果たして?

また、コーチには権藤さんが名を連ねます。

当時の御年は78歳。

小久保監督の親ほどの年齢でしたが、元気元気の一言です。

メジャーリーガー組としては唯一、アストロズの青木が参加。

結果としては決勝トーナメントの初戦(準決勝)で
アメリカ代表に2-1と惜敗。

2大会連続でベスト4という結果になりました。

この大会後に小久保監督は代表を辞任します。

そして、現監督の稲葉監督へとバトンタッチされました。

侍ジャパンの今後に期待ですね。

コメント