選挙事務所開きのお祝いに贈っていい物、ダメな物

選挙
スポンサーリンク

選挙事務所開きのお祝いに贈っていいものとダメなものがある

公職選挙法では贈っていいものとダメなものが厳しく定められており、万が一違反することがあればせっかく当選しても取り消しになることもあります。

基本的には価値のあるものを送ることは寄付とみなされるなどの理由で禁止とされます。

例えば、お祝いに縁起を担ぐつもりでも、お酒を贈れば寄付と見なされて違反となるので注意が必要です。

金銭は個人から政治家個人への寄付をすることができ、年間で150万円までの上限が設けられています。

その一方で、花も本来は一定の価値を持つ品物であるはずですが文化的背景もあり、お祝いに贈るのは公職選挙法でも認められています。

選挙事務所内を映したニュースの映像などでも花がよく映るので贈っても良いと分かりますね。


本などできちんと確認することをおすすめします。

選挙事務所開きのお祝いを贈る際には、先方に迷惑をかけないためにも法令を遵守したいところです。

  • お酒は贈っちゃダメ
  • お花は贈っても良い
  • 金銭は年間150万円までならOK
スポンサーリンク

選挙事務所開きのお祝い、のし袋に何て書く

のし袋はどれにしたらよいのか迷ってしまうところですが、一般的には水引が紅白の蝶結びになっているものが多く用いられています。

表側の上部には「陣中御見舞い」「当選祈願」「祈必勝」などと書き、下部には自身の名前をフルネームで記入します。

これらのお祝いで渡した金銭は政治資金収支報告書に記載する必要があり、その際には誰からどんな目的でもらったものなのかを明確にする必要があります。

万が一何らかの調査が入った場合には、こののし袋に記載された内容が証拠になり潔白を証明するケースも少なくありません。

せっかくのお祝いに手渡すものなので、事務所の担当者の方に事務的手続きの負担をかけないようにしっかりと記入したいところです。

スポンサーリンク

選挙事務所開きのお祝いで違反の物

有権者から政治家へお祝いで贈ったり寄付できるものは公職選挙法で厳しく定められており、ほとんどのものは利益供与で違反となってしまうため、贈るのが可能なのは喉を潤すためのお茶やお茶請け程度です。

しかもお茶は湯飲みやコップに注いだものはOKですが、ペットボトルや缶に入ったものをそのまま贈るのは違反となります。

弁当は市販品のものだけではなく手作りのものであっても禁止で、お酒やジュースも利益供与となってしまいます。

また、禁止されていないものでも年間の合計が150万円を超えた場合は違反になってしまうので注意が必要です。

  • ペットボトルや缶に入った飲み物もダメ
  • お弁当もダメ
  • お酒もダメ

こうしてみるといわゆる「手土産」程度の贈り物でもダメなものが多いですね。

選挙事務所開きのお祝いに挨拶には行くべきか

多くの選挙事務所では人手不足であるのと同時に、立候補者は挨拶回りや街頭演説などで忙しく、事務所に訪問してもボランティアの方のみで関係者が誰も居ないというケースも珍しくありません。

本来ならば直接お会いしてお祝いの意を伝えたいところですが、邪魔になってしまっては本末転倒です。

そこで、応援する気持ちで事務所に訪れたことを知らせるために、のしを付けた差し入れを贈るのもひとつの方法です。

公職選挙法により贈ることが可能な物は限られていますが、お茶請けのお菓子、フルーツ程度は許されています。

また、お礼の連絡をもらうのが恐縮な場合は、お手紙やメッセージカードを添えてお礼の連絡が不要であることや選挙での健闘をお祈りする旨を記載するのも相手に配慮した粋な演出です。

※記事の作成には細心の注意を払っていますが、法律の改正などによりこの記事の通りにならない可能性もあります。あくまでも参考程度として頂き、実際に行動する場合には専門家などのアドバイスを受けてください。この記事を読んだことによって起こるいかなる事態にもサイト管理人は責任を負うことはできません。


以上、選挙事務所開きのお祝いに贈っていい物、ダメな物でした。

コメント