サイン盗みとは。星稜高校の監督は何に怒ったの?

高校野球2019
スポンサーリンク

サイン盗みが注目されたきっかけ

選抜高校野球で「サイン盗み」が議論になっています。

この議論のきっかけは3月28日の星稜vs習志野の試合でした。

習志野が大会屈指の好投手・奥川恭伸を擁する星稜に3対1で勝利したのですが、試合後に星稜の林和成監督が「サイン盗みがあった」と習志野高校の監督に対して猛抗議。

「証拠の画像もある。今ここで見せてもいい」などと言って記者会見場で怒鳴り散らす、なんてことがあったのです。

このページでは「サイン盗み」について解説します。

一体、大の大人がなぜこんなに怒っているのでしょうか。

プロ野球選手になるために中学生のうちにやっておくべき練習~動作分析のスペシャリストが教える「24のバッティングドリル」~ 【中学生が習得すべき打撃スキルはこれだ!】

サイン盗みとはどういうものか

サインとは

まずはサイン盗みとは何かを解説します。

ここで言うサインとは
キャッチャーからピッチャーに対して出しているものです。

例えば次はストレートを投げろとか、
次はカーブを低めに投げろとか。

野球ではキャッチャーが司令塔役を果たしており、
次にどんなボールを投げるべきかを
サインによって伝えているのです。

「キャッチャーがリードする」と言われるのはこのようなことです。

このサインの出し方はキャッチャーが股の間で指を動かして伝えます。

股の間で人差し指を出したらストレートとか、
チョキを出したらカーブなど。

周りから見えないように、
正面にいるピッチャーにしか見えないように股の間でサインを出します。

ちなみに、バッターはキャッチャーを見ることはルールで禁止になっています。

サインを見ないためですね。

スポンサーリンク

サインを盗むとは「盗み見る」こと

それではこのサインを盗むとは
どういうことかというと、
盗み見ることを言います。

状況としてはランナーが2塁にいることが条件となります。

2塁ランナーはピッチャーの後方にいるので
キャッチャーのサインが見えるのです。

2塁ランナーがキャッチャーのサインを盗み見て、
次に投げるボールをバッターに伝える、
これがサイン盗みです。

バッターは次に来るボールがどんな球種か分かるので打ちやすくなる、という事になります。

2塁ランナーは盗み見たサインを
バッターに伝えるためにジェスチャーなどをします。

例えばヘルメットをさわったらストレートがくる、など。

星稜対習志野高校の試合では
4回に2塁ランナーがいる状況で星稜側の指摘によって
試合が一時中断されています。

これは習志野高校の2塁ランナーがジェスチャーをしていた、
という指摘を受けてのことです。

審判団の協議の結果、
サイン盗みはなかった、という結論になりました。

プロ野球選手になるために中学生のうちにやっておくべき練習~動作分析のスペシャリストが教える「24のバッティングドリル」~ 【中学生が習得すべき打撃スキルはこれだ!】

サイン盗みは規則によって禁止されている

このサイン盗みは高校野球では「大会規則」で明確に禁止されています。

「大会規則9」には下記のような決まりがあります。

走者やベースコーチなどが、捕手のサインを見て打者にコースや球種を伝える行為を禁止する。もしこのような疑いがあるとき審判委員はタイムをかけ、当該選手と攻撃側ベンチに注意をし、止めさせる。

高校野球大会規則

このように規則としては禁止とされています。

星稜の監督はこの規則に違反していることを怒っていたんですね。

しかし、あくまで審判が止めさせるという規則で罰則規定はありません。

なのでこの規則には拘束力はないのでは、
と疑問の声も上がっていました。

余談ですが、私自身、野球経験があります(ほとんどベンチでしたけど)

今ではコースを教えるのも禁止なんですね。

ここに驚きました。

コースを教える、例えばキャッチャーがインコースに構えているよ、などは普通に声出しとしてやっていましたが。

スポンサーリンク

サイン盗みは卑怯なのか?防げないのか?

このサイン盗みは卑怯な行為なのでしょうか。

そもそもサイン盗みは、
キャッチャーが出すサインを攻撃側が見破っていることが前提です。

プロ野球などではサインはしょっちゅう変えています。

テレビなどでも映っているため、
バレることを前提として、
見破られないために暗号のように変えています。

見られることは防げなくても
サインを変えることで作戦の流出を防ぐことは可能です。

高校野球の場合でも、
星稜のように注目されている学校であれば
このような対策は取るべきだったと思います。

地方予選などでも外野の観客席から
ズームアップすれば撮影できますから。

研究されるであろうことを予測して
作戦がバレないように工夫するべきです。

なので卑怯、というよりは試合前の準備の一つ、と言った感じでしょう。

もちろん、賛否両論あることは分かっています。

「研究」と「サイン盗み」の違い

スポーツの世界ではよく相手を研究する、という事が言われます。

野球でももちろん研究はあります。

ピッチャーの場合は投げ方のクセなど。

例えば、ストレートの時は足を高く上げる、とか

カーブの時はひじが下がる、など。

人間ですからクセと言うものは必ずあります。

このクセを研究によってあぶりだすのです。

このようにして球種を見破ることは以前から行われてきました。

ピッチャーの研究をするためにはビデオ映像が必要です。

プロ野球の場合は映像はすぐに手に入りますし、
高校野球の場合でも有名校なら映像は手に入りやすくなります。

また、キャッチャーが出している
サインが写る角度からの映像であれば
サインも当然見破られます。

なのでサインを暗号のように試合ごとに変える、
といった対策はするべきだと思うのが私の意見です。

これをしないと作戦がつつ抜けのまま戦うことになるのですから。

最後に苦言ですが、
星稜の監督は大人気なかったかな、と思いますね。

研究されてたな・・・
というのは野球ではよくあることです。

サインを見破られた自分たちが悪い、
もっと精進しないと。

と思うのがスポーツマンシップだと思います。

また、審判団が協議した結果
サイン盗みはなかったという結論が出されているので
それに従うべきですよ。

以上、サイン盗みとは何かの解説でした。

コメント