昭和の日の意味とは。平成の日は出来るのか

2020年の祝祭日について
スポンサーリンク

昭和の日の意味とは

昭和の日の意味は宮内庁からは次のように発表されています。

激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。
https://www8.cao.go.jp/chosei/shukujitsu/gaiyou.html

引用:宮内庁HP

昭和の日の由来

昭和の日である4月29日は
昭和天皇の誕生日でした。

なので昭和の時代では
4月29日は天皇誕生日でした。

昭和64年1月7日に昭和天皇が崩御(亡くなる)すると
本来であれば旧天皇誕生日は平日となるところでしたが、
ゴールデンウィークが短くなると
国民生活に影響を与えることから
4月29日は当初「みどりの日」として
休日になりました。

そして、激動の時代となった
昭和を忘れないため、などの理由から
昭和天皇誕生日を「昭和の日」と改正。

「みどりの日」を同じくゴールデンウイーク内の
休日であった5月4日に移動させました。

昭和の日はいつから?

2007年(平成19年)から4月29日を昭和の日、
5月4日をみどりの日としています。

スポンサーリンク

「平成の日」は出来るのか

それでは平成天皇の誕生日である
12月23日は今後どうなるのか。

「平成の日」として休日になるのでしょうか。

現在のところ、2019年、2020年は
12月23日は平日となることが決まっています。

これはすでに内閣府が発表していることです。

国民の祝日について - 内閣府
内閣府 国民の祝日について。国民の祝日に&#38306...

平成天皇はまだご存命のため、
退位後に記念日を設定するのは
不適切という事でしょうか。

二重権力を防止するため
という事でもあります。

天皇誕生日が祝日として残っているのは
昭和の日、
明治天皇誕生日の文化の日(11月3日)の二つ。

この二人が特別という考えをすれば
平成の日は当面できそうにない、
ということが予想されます。

コメント