衆議院選挙の仕組みをわかりやすく解説します

選挙
スポンサーリンク

衆議院選挙は「小選挙区比例代表並立制」

現在の日本の衆議院選挙は「小選挙区比例代表並立制」です。

  • 小選挙区制
  • 比例代表制

の2つの方式を並立させているんです。

なので衆議院選挙では一人2枚の投票用紙が配られます。

小選挙区制で289人、
比例代表制で176人が選ばれ、
衆議院議員の定数は465人になります。

衆議院選挙は議員全てを一度の選挙で選ぶため、
「総選挙」とも呼ばれます。

まずは分かりやすい小選挙区制から順番に説明します。

小選挙区制のしくみ

「小選挙区制」とは選挙区ごとに分けて選挙を行い、
それぞれの選挙区で一位になった候補だけが当選します。

小選挙区制では投票用紙に候補者の名前を書きます。

小選挙区制は一位の1人だけが当選

選挙区制の区分けは人口分布などに応じて分けられるので、
都市部ほど細かく分けられます。

直近の選挙である2017年では289の選挙区に分けられました。

つまり、小選挙区制では289人の候補が当選しました。

比例代表制のしくみ

次に比例代表制のしくみを紹介します。

比例代表制の選挙では投票用紙に候補名ではなく、
政党名を書きます。

政党は得票の割合に応じて
何人の候補が当選できるかが決まります。

政党はあらかじめ比例代表名簿というものを作ってあり、
その名簿の順に当選者が決まります。

政党は当選させたい候補ほど名簿の順を先にしてあります。

このように、
あらかじめ名簿を作っておいて
その名簿順に当選者が決まることを
拘束名簿式比例代表制といいます。

比例代表制では11のブロックに分けられ、
176人の候補が選ばれます。

比例代表制は
得票の割合に比例した人数の代表候補が当選する仕組みです。

比例復活当選とは

選挙のニュースを見ていると、
「小選挙区制では落選したが、比例で復活当選した」
という話を聞きます。

この比例復活当選を解説します。

衆議院選挙は2つの方式の選挙を並立していますが、
両方に重複して立候補ができます。

小選挙区制では1位の候補しか当選できないので
2位以下の候補は小選挙区制では落選です。

しかし、比例代表制で
所属している政党が多くの得票を得ていれば
比例代表制で当選できます。

これが比例復活当選と言われるものです。

比例復活当選するには惜敗率も重要

もし、比例復活当選の対象者が同じ政党内で二人いた場合、
この場合は小選挙区制の惜敗率の高いほうが当選します。

惜敗率の計算方法は次のようになっています。

小選挙区制の当選者が10万票獲得した場合、
2位の候補が8万票獲得であれば惜敗率は80%、
6万票獲得であれば60%になります。

つまり惜敗率とは当選者の獲得票数に対するパーセンテージ、
という事になります。

小選挙区制で票を多く獲得することで
復活当選もしやすくなります。

比例代表制はドント式で当選者数を割り当てる

次に比例代表制で当選人数の割り当てを決める方式の
ドント式について解説します。
次の表を見てください。

例として10の議席をA党、B党、C党、D党で争うものとします。
表内の【】の数字は当選の優先順位を表しています。

A党B党C党D党
獲得票数100,000票80,000票60,000票40,000票
1で割る100,000
【1】
80,000
【2】
60,000
【3】
40,000
【5】
2で割る50,000
【4】
40,000
【6】
30,000
【8】
20,000
3で割る33,333
【7】
26,666
【9】
20,00013,333
4で割る25,000
【10】
20,00015,00010,000
5で割る20,00016,00012,0008,000
獲得議席数4321

この結果A党は4議席、B党は3議席、C党は2議席、D党は1議席を
獲得した、という事になります。

このドント式は獲得票数を1・2・3・4、、、と
数字で割っていき、それぞれ多い順に人数を割り当てていきます。

小選挙区制と比例代表制のメリット・デメリット

小選挙区制と比例代表制それぞれのメリット・デメリット
を紹介します。

小選挙区制比例代表制
メリット・候補者本人に直接投票するので、
意見が反映しやすい
・大きな政党が有利で、政局が安定しやすい
・小規模な政党でも当選しやすいので
多様な意見を政治に活かせる
・死票が少ない
デメリット・死票が多くなる
・長期安定政権が誕生しやすく、
政治腐敗もしやすい
・候補者本人を選べない
・小党乱立で政治が混乱しやすい

小選挙区制のメリットは

  • 候補者本人に直接投票するので、意見が反映しやすい
  • 大きな政党が有利で、政局が安定しやすい

の二つが挙げられます。

一方で、小選挙区制のデメリットは死票が多くなることです。

小選挙区制では獲得票数一位の候補しか当選しないので
二位以下の候補に入れられた票は全て無効になります。

この二位以下の候補に入れられ、
無効になった票を「死票」と言います。

例えば一位の候補が5万票獲得で当選、
二位と三位の候補が4万票ずつ獲得した場合、
8万票が無効になります。
無効になった票のほうが当選候補の票より多いことになります。

この「一部の多数派の意見だけで政治を行う」
という状態にしやすいのが小選挙区制のデメリットです。

比例代表制のメリットは

  • 小規模な政党でも当選しやすいので多様な意見を政治に活かせる
  • 死票が少ない

小選挙区制では大政党が圧倒的に有利なのに対し、
比例代表制で少数派の意見も政治に活かせます。

これによって死票も少ないので
幅広い意見をくみ取れます。

事実、小規模政党の議席はほとんど比例区で獲得されています。

比例代表制のデメリットは、
候補者本人を選べないことです。

例えば、応援している政党はあるけど
自分の選挙区の候補は個人的に嫌い、
という場合はどうしたらいいか迷いますね。

国民からの評判よりも政党の名前で当選できてしまう、
というのはデメリットですよね。

また、小規模政党が議席を獲得しやすいことは
意見が多様過ぎて政治が迷走しやすい、
という事でもあります。

このように小選挙区制、比例代表制双方に
メリット・デメリットがあり、
かけ合わせ、補い合う組み合わせなので
並立制にしているんですね。

衆議院選挙が行われる時期は解散次第

最後に、衆議院選挙が行われる時期について解説します。

衆議院選挙をやるきっかけは次の二種類があります。

  • 衆議院議員の任期満了(4年)
  • 衆議院解散によるもの

衆議院議員の任期は4年と決まっていますが、
衆議院には解散の制度があります。

この解散とは、
衆議院議員が全員辞めて
選挙で選びなおす、と言うものです。

そして解散するかどうかは
総理大臣が一存で決めていいことになっています。

なので、いつ衆議院選挙をやるかは
総理大臣が決めるといっても過言ではありません。

任期満了での衆議院選挙はこれまで数えるほどしかなく、
大半が解散によるものです。

総理大臣が政局や情勢を見て、
このタイミングで選挙をすれば勝てる、
と見込んで解散、選挙に持ち込むわけです。

以上、衆議院選挙のしくみを解説しました。

コメント