衆議院と参議院の違いをわかりやすく解説

選挙
スポンサーリンク

衆議院と参議院の主な違いの一覧表

衆議院参議院
議員定数465人248人
任期4年6年
解散ありなし
選挙の違い全員一斉に選挙
このため「総選挙」と呼ばれる
3年ごとに半数ずつ選挙
その他衆議院議員のみ「代議士」と呼ばれる衆議院が解散中に緊急事態が
発生した場合は参議院の緊急集会がある

これ以外には「衆議院の優越」と言うものがあります。

次の項では衆議院の優越に関して説明します。

衆議院の優越

衆議院に優越的権限が付与されている理由は、衆議院には解散があることや参議院よりも任期が短いことから、衆議院は参議院より国民の意思により近いと考えられているためである。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%86%E8%AD%B0%E9%99%A2%E3%81%AE%E5%84%AA%E8%B6%8A

引用:ウィキペディア

衆議院は任期が参議院よりも短く、
解散制度があるため、
選挙の回数が多くなり、
国民の意思に近い、
というのが衆議院の優越の根拠です。

主な衆議院の優越事項は下記のようになります。

  • 内閣不信任決議(内閣総辞職を要求できる)
  • 予算先議権(予算案の決議を参議院より先にできる)
  • 内閣総理大臣の指名(参議院と違う結果になった場合、衆議院の決議を優先する)
  • 条約の承認(参議院と違う結果になった場合、衆議院の決議を優先する)
  • 予算の議決(参議院と違う結果になった場合、衆議院の決議を優先する)
  • 法律案の議決(参議院と違う結果になった場合、衆議院で再可決できる)
スポンサーリンク

被選挙年齢(立候補できる年齢)

衆議院議員への立候補:満25歳以上
参議院議員への立候補:満30歳以上

参考ページ:総務省

二院制とは。わかりやすく

二院制とは日本の衆議院・参議院のように
国会内に二つの院があり、
議決のために2回の審議をすることになります。

日本では「衆議院・参議院」という名前になっていますが、
例えばアメリカでは「上院・下院」という名前です。

これに対し、中国などでは一院制になっています。

二院制になっている理由

二院制になっている理由としては

  • 法案などの審議を慎重にするため、2回にする
  • 片方の院が選挙中などで機能しない場合、政治空白を作らないため

などが挙げられます。

また、任期の短い議会は民意に近い、
任期の長い議会は長期的な視点で法案を審議する、
等もあります。

参議院と衆議院がある理由

明治維新の頃、
日本と同じく君主制の国でる
イギリスを手本としたためです。

イギリスは上院(貴族院)と下院(庶民院)の
二院制です。

日本の議会を機能で見ると
衆議院は下院
参議院は上院
になります。

コメント