高橋礼投手(福岡ソフトバンクホークス)の成績は?

野球の話題
画像引用:侍ジャパンオフィシャルサイトhttp://www.japan-baseball.jp/jp/profile/201803004.html
スポンサーリンク

福岡ソフトバンクホークス・高橋礼投手の成績は?

2019年シーズン新人王が発表されましたね!

パ・リーグの新人王は福岡ソフトバンクホークスの高橋礼(たかはし れい)投手でした。

WBSCプレミア12でもセットアッパーとして登板し、大活躍したのは記憶に新しいですよね。

そんな高橋礼投手のこれまでの成績についてまとめていきたいと思います。

プロ入り前

千葉県松戸市出身の高橋投手。

お母さまの影響で小学1年生の頃からソフトボールを始めたそうです。

その後は松戸ボーイズに入団し、硬式野球を本格的に始めることとなります。

アンダースローは中学3年から

高橋投手と言えば、188cmの長身から繰り出されるアンダースローですよね。

実は、あの投球スタイルは中学3年生の頃からです。

当時から175cmと長身であり、当時のコーチから勧められたことで、上投げから下投げに転向しました。

中学卒業後は専大松戸高校へ入学。

仙台松戸高校は甲子園常連校ではないですが、千葉県内では強豪校で着実に力をつけていきます。

高校時代の監督は高橋投手にオーバースローを勧めたそうですが、高橋投手はアンダースローで勝負したいとの強い思いを持っていたとのこと。

そういった強い気持ちがきっと今の高橋投手を作っているのでしょうね。

専大松戸高卒業後は専修大へ進学します。

大学入学時からリーグ戦に登板するなど頭角を現し、大学2年の秋までに8勝をマークするなど大活躍。

2年夏には韓国光州で開かれたユニバーシアード代表に選出され、金メダル獲得に貢献します。

大学3年時からは思うような結果を残せず、2部に降格する苦い経験もありましたが、監督とコーチの指導の下、フォームの改造を行い、見事は復活を遂げます。

2017年のドラフト会議では福岡ソフトバンクホークスから2巡目指名を受け、高橋投手のプロ野球選手としての人生がスタートします。

プロ入り後

高橋投手のプロ一年目、開幕は二軍スタートなりましたが、その後4月10日には一軍に昇格。

これはソフトバンクの新人選手としては最速となります。

プロの世界でもアンダースローの投手は珍しいですし、加えてあの長身となれば、他球団にとっても脅威になることでしょう。

2018年シーズンは12試合に登板しましたが、結果は1敗、15奪三振、防御率3.00であり、なかなか明るいスタートとは言えませんでした。

プロ初勝利は2年目の2019シーズン

2019年シーズンは開幕からローテンション入りを果たします。

シーズン開幕3戦目から登板。

6回を投げ1失点に抑えるという素晴らしい内容でプロ初勝利を挙げました。

その後も順調に勝ちを積み上げ、自身初の二桁勝利を達成します。

2019年シーズンは全23試合に登板し、12勝6敗、73奪三振、防御率3.34、勝率は66.7%でした。

プロ2年目にも関わらず、1年間先発ローテーション投手の座を守り抜き、ご存じの通り、新人王を獲得しました。

今回は高橋投手の成績についてまとめました。

これからも持ち前の素晴らしいアンダースローで活躍してほしいものですね。

コメント