端午の節句の意味と由来とは

端午の節句
スポンサーリンク

「端午の節句」の元々の意味

五節句の1つである端午の節句は
日本において奈良時代から受け継がれている風習であり、
端午の節句に見られる端には
1ヶ月の端という意味合いが込められています。

つまり、端午というのは
全ての月の初めにある日の事を指すので、
5月のみを指定していたものではありませんでした。

ところが、牛という文字が五という意味に通ずるという様子から
毎月訪れる5日の事を指すようになった事に加え、
5が連なるとして現在のように5月5日が
端午の節句と扱われるようになりました。

また、現在では端午の節句は
男の子が対象になってる風習ですが、
元来は女性が主役となり活躍していた歴史があります。

5月と言えば田植えを行う時期にあり、
秋にしっかりと収穫できるように
豊穣を祈る目的で早乙女という
年齢が若い女性達が神社や小屋に籠もり、
お祓いを行っていました。

さらに、軒には古来から邪気祓いの効力が
あると伝えられていたよもぎと菖蒲を挿し、
厄災を祓い浄化する様子が見られました。

このような風習が中国から伝わってきた端午と
密接に結びつく事により、
現在の端午の節句の意味を持つようになります。

そして、男の子を対象にするというように
特に現代の端午の節句の意味に近づいたきっかけは、
江戸幕府が公的行事として指定した事です。

端午の節句の由来

端午の節句は季節の節目を祝う
日本の伝統的な五節句のうちの一つに数えられています。

江戸時代に法制化されたものです。

端午の節句の由来には
どのような意味があるのかと疑問に
思う人も多いかもしれませんが、
端午の節句はもとは中国から
つたわったものと言われています。

はるか昔の中国には国王の側近がいましたが、
この側近は正義感が強く、情に厚かったことから、
数多くの人望を集めていました。

しかし陰謀により失脚し
国を追われることになり、
深く失望し5月5日に身を投げてしまいます。

これを知った国民たちが太鼓を打ち魚をおどかして、
ちまきを川に投げ込み遺体が
魚に食べられないようにしたといわれています。

この時期には病気が流行して亡くなる人も多かったので、
五月は悪月、そして五日は5が重なることから悪い日として、
厄よけとして菖蒲を挿したり
菖蒲を浸したお酒を飲むなどして
厄よけや健康祈願を行いました。

このような風習が日本には奈良時代に伝わり、
少しずつ日本独自の
端午の節句の風習が生まれていったということです。

端午の節句にこいのぼりを飾る意味としては、
どのような悪い環境でも
生き抜くことができるようなたくましさを備え、
立派に成長してほしいという意味が込められています。

端午の節句を子供向けに説明すると

端午の節句とは、男の子の
健やかな成長を願う大切な日です。

主にこいのぼりや五月人形を飾って、
柏餅やちまきを食べてお祝いしますが
その由来を知らない方は多くいます。

端午の端は物のはしを表し、
午は午の月(5月)で5月の始まりを意味していて、
5月5日が端午の節句と呼ばれるようになりました。

由来は中国から伝わった習慣の
厄払いの為に菖蒲や蓬を軒に飾ることで
邪気を払っていたことが始まりです。

また日本の五月忌みの習慣で、
男は家の外へ出払い女だけが閉じこもって、
田植えの前に穢れを払い身を清めていました。

この中国の風習と日本の習慣が合わさったもので、
女性の籠る家に菖蒲の花が敷かれて
菖蒲湯を飲んだりして身を清めるように変化します。

当時は女性が主役でもありましたが、
鎌倉時代頃に菖蒲の葉の形が
剣に似ているところから
端午の節句と結びつく用にもなり、
男の成長と健康を祝う形になりました。

端午の節句の子供向けの説明は、
こいのぼりや鎧兜を飾ってお祝いすること、
鎧や兜は子供を守ってくれる意味があり、
子供の日は子供の成長を願う事を
中心に説明してあげると良いです。

もちろん年齢により理解度が変わってきますので、
大きくなってきたら詳しい由来なども話して行くと
だんだん理解できるようになっていきます。

またこいのぼりを飾っている場合には、
この家に男の子がいて立派に育つ願いが
込められていることも伝えると良いです。

コメント