端午の節句で兜を飾る意味は?人気の武将は誰?

端午の節句
スポンサーリンク

端午の節句で兜を飾る意味

端午の節句には兜やこいのぼりなどを飾ることになりますが、
それぞれに飾る意味が込められています。

兜を飾る意味としては、
身を守るためといういわれがあります。

兜を飾る風習は武家社会から生まれたとされています。

鎧や兜については戦争の道具と
考えられていたもので、
特に男性にとっては戦の際に
自分の身を守る大切な道具として扱われてきました。

これらのことから、
兜は自分の身を守るためのものだとされていて、
端午の節句に兜を飾る意味は、
男の子を病気や交通事故、
災害などから守るという意味が込められています。

兜にはこのような意味が込められていることから、
飾り付けの際には
気をつけなければならないことが
あるのではないかと心配する人もいるかもしれません。

まず飾り付けの方角についてですが、
特に不向きな方角はないので自由に飾ってもかまいません。

そして兜の両側には弓と太刀を
飾ってあることが多く見られます。

これにもそれぞれ意味を持ち合わせています。

弓と矢は破魔矢として魔除けのための大事な道具であり、
これもお守りの意味が込められています。

太刀については刀には魂が宿るものだと言われていて、
刀に宿る魂が身を守り、
繁栄をもたらすという意味があります。

端午の節句の兜人気の武将は

男の子がいる家庭では、
5月5日のこどもの日に向けて
端午の節句の準備をしておくことになります。

初節句を迎えるに当たり、
兜を購入するのであれば、
人気の武将のものを選びたいと考える人も多いものです。

その際に端午の節句の兜で
人気の武将は誰なのかという
ランキングがわかれば、
大いに参考になることでしょう。

人気ランキングの第1位に挙げられるのは
上杉謙信です。

戦国時代最強の武士としても名高く、
ストイックな戦国武将として
非常に人気が高くなっています。

第二は伊達政宗で、
三日月前立ての兜のデザインで、
このデザインが好きで選ぶ人も中には見られます。

伊達政宗は右目を失明していて
独眼竜ともよばれていましたが、
戦略家であり頭脳派の戦国武将と言えるでしょう。

第3位は徳川家康で、強い生命力を表す
シダがデザインされた兜です。

天下統一を果たし江戸幕府をひらいた武将で、
自ら困難な問題に対しても挑戦するような
子になってほしいという願いを込めて、
選ぶ人が多く見られます。

第4位は真田雪村で、
鹿の角と六文銭の兜で、
赤い色が特徴的だと言われています。

大坂の陣では、徳川家康に果敢に挑み、
日本一の兵とも称された武将です。

最後に第5位に挙げられるのは直江兼継です。

雲の上に仏様の一文字をのせることによって、
その仏様の力を借りようという考えがありました。

コメント