初節句のお祝いにお呼ばれ。兄弟の子供にもお祝いあげるの?

端午の節句
スポンサーリンク

兄弟の子供の初節句にお祝いはあげるべき?

三月のひな祭りと五月のこどもの日に
初節句を迎える子供もいることでしょう。

このようなときに気になることとして、
甥っ子や姪っ子が初節句を迎える場合には、
お祝いをあげた方がよいのかと
気になる人も多いかもしれません。

甥っ子や姪っ子の初節句は、
叔父や叔母の立場からしても
記念すべき1日となることでしょう。

祖父母の場合には雛人形や兜、
こいのぼりなどをお祝いとして贈る習慣がありますが、
兄弟の場合にはどうすればよいのかと
気になる人もいることでしょう。

特に決まりが定められているわけではありませんが、
兄弟の子供に初節句のお祝いを渡すのであれば、
親族内のルールに従うのが一番良い方法です。

もしも自分の子供の方が先に初節句を経験していて、
兄弟から何かしらもらっているのであれば、
それの通りにお返しをすればよいとも言えます。

特に前例もないのであれば、
自分の気持ち次第ともなるでしょう。

初節句のお祝いをあげるとなると
プレゼント選びに悩むものです。

特に希望がないのであれば、
一番もらってうれしいと感じるのは現金かもしれません。

現金を包むのは露骨だと感じるのであれば、
かわいらしいギフトカードなどもお薦めです。
近年ではカードタイプで
デザインにこだわりのあるものも多く、
子供用品を購入することができる
ギフト券であれば重宝するかもしれません。

初節句のお祝いの服装は

初節句のお祝いにお呼ばれされた際、
様々な点が気になる中で服装は何がいい?
という悩みは比較的早い段階で直面します。

堅苦しい印象にする必要性は無いですが、
晴れの舞台かつ初節句のお祝いである様子から、
TPOをわきまえたしっかりとした服装を意識する事が大切です。

そのため、男性はもちろん女性においても
スーツは相応しい服装となりますし、
料亭やホテルといった
格式が高い場所が会場である場合には尚更相応です。

一方、比較的カジュアルな
雰囲気で行われる様子であるのなら、
男性はジャケットスタイルに身を包み
女性はカーディガンやワンピースを着用し、
落ち着きが感じられる様相にすると良いでしょう。

お呼ばれされたら手土産はどうする

また、初節句のお祝いにお呼ばれされた際には
手土産を持参していく事になりますが、
手土産は先方から気を使わぬように
言われていたとしても用意し持参していくべきです。

ポイントになるのは受け取った
先方が恐縮したり気を使ってしまわない
程度の品物を選ぶ事であり、
皆で頂けるフルーツやお菓子などが最適です。

お祝金はいくらにする

同様に先方に気を遣わせないようにすべき事として
お祝金も挙げられ、
手土産とお祝金の相場は
祖父母であれば5万円から30万円と考え、
親戚の場合は5千円から1万円と考えておきましょう。

さらに、友人は3千円から1万円をお渡しすると
気を使わせる事なく受け取って頂けます。

コメント