端午の節句のお祝いは祖父母だといくらが相場?

端午の節句
スポンサーリンク

初節句のお祝金、祖父母の相場

孫が生まれることは非常に喜ばしいことですが、
初節句などのお祝いがあるたびに
しっかりとお金のことも考えなければなりません。

初節句のお祝いの祖父母の
相場はいくらなのかというと、
一般的には父方の祖父母からは3万円から30万円、
母方の祖父母からは10万円から30万円となっています。

一般的に母方の祖父母の場合には、
端午の節句にはこいのぼりや五月人形を
贈ることが一般的とされているので、
どうしても母方の祖父母の方が
金額の相場は上がってしまうといえるでしょう。

しかしこのお祝い金額は
かなり高額であり負担も大きいことから、
その相場や考え方も変わりつつあると言えるでしょう。

つまり初節句の相場は
あってないようなものなので、
両家でよく相談をしながら、
家族に見合った金額を送るのが最適といえます。

初節句のお祝いののし袋はどれがいい?

端午の節句のお祝いを渡す際に、
現金を選ぶ人も多いことでしょう。

現金はプレゼントとは異なり、
もらった側が好きなものを購入することができるので、
実際に一番喜ばれるプレゼントと言えます。

現金を渡す際に、
端午の節句のお祝いの
のし袋はどれがよいのかと
気になる人もいることでしょう。

のし袋の選び方としては、
のしがあり水引きの色は紅白、
水引きの結び方は蝶結びのものを選びましょう。

1万円程度であれば、
のしと水引きが印刷されたものでも問題はありません。

それ以上の金額となるのであれば、
本物の水引きが付いたのし袋を選ぶ必要があります。

表書きは御祝い、
初節句お祝いなど
どちらを記入してもよいでしょう。

端午の節句の際に母親の実家から
御祝いを贈るのであれば、
初幟お祝いや、初御初幟と書く方法もあります。

現金の場合には知ってる人も多いかもしれませんが、
折り目やしわのある紙幣は使わないようにしましょう。

必ず新札を用意しておくことを忘れてはなりません。

もしも現金以外のものを贈るのであれば、
初節句の1か月以上前までには
贈っておきたいところです。

これは初節句当日の2から3週間前ぐらいから
飾りつけを始めるからです。

現金やギフト券の場合には、
お祝いの当日に渡しても問題はありません。

コメント