天気図の見方。天気予報がもっとよく分かる

その他
スポンサーリンク

天気図の前線とは

天気予報にて高い頻度で耳にするのが前線ですが
前線の種類は温暖前線と寒冷前線、
閉塞前線と停滞前線の4つに分けられ
各々で有している特性が異なります。

暖かさをもたらす前線は
その名の通り気温が高くなる反面
海面温度が上昇する事に伴い
雲が発生しやすくなり、
弱い雨が長い時間にわたり降り続きやすいです。

一方寒さをもたらす前線は
気温が低くなるのですが、
通過後から気温の低下が始まるという
特徴があり、雨の降り方に関しても
短時間で強く降るという特性があります。

台風

台風は地球の自転の関係上、北半球と南半球で
回転する方向に違いがあり、
日本がある北半球においては反時計回りに回転しています。

そして、天気図における
等圧線の中央部に記載されている
気圧を示す数値により規模を知る事ができ、
気圧の数値が低いほど強い台風という事になります。

このように反時計回りに回転しているという仕組みから、
左側で巻き込んだ雨や風の勢いを
遠心力により右側で強く放つという特性があるので、
同じ台風であっても
通過時に左側に位置している地域よりも
右側に位置している地域の方が
暴風雨に見舞われやすくなります。

自然災害の被害にも遭いやすいため、
通過時に右側もしくは左側の
どちらに位置しているのかを確認する事が大切です。

低気圧と高気圧

低気圧と高気圧によって生じる影響で最も顕著なのは、
厚い雲が存在し雨が降る雨天もしくは
青空と太陽が見られる晴天という違いですが、
各気圧により気候や気温にも変化が起こります。

気圧とは名称通り
空気中の圧力の高さの事を指し、
圧力が変化するきっかけになっているのが
上空に位置している雲の存在なので、
低気圧であると上空に雲が存在している様子から
雲が蓋の役目を果たし気温が高くなり風も弱いです。

一方、高気圧では雲が無いため
放射冷却現象が起こりやすいので
気温が低くなりやすく、風も強く吹きやすいです。

等圧線の見方

等圧線とは天気図において
木の年輪のようにして記載されている線の事を指し、
気圧が等しくなっているエリアを結んでいます。

等圧線が引かれるのは基本的に
4ヘクトパスカル毎であり、
途中段階から枝分かれされて
線が引かれるといった事はありません。

こうした等圧線は高気圧であるほど
等圧線の密度が広くなり、
低気圧になるほど密度が狭くなるのですが
等圧線同士が近しくなるほどに風力が強くなるので、
天気図を目にした際に等圧線の間隔が
近い時には風対策を講じる必要があります。

そして、等圧線とは風向きを知る術としても利用でき、
空気というのは気圧が高い方から
低い方に流れるという特性があるため、
低気圧の中心部の位置により
対象の地域の風向きを知る事が可能です。

以上、天気図の見方の解説でした。

コメント