天皇即位式典がよく分かる解説

2020年の祝祭日について
スポンサーリンク

天皇即位の日5/1は祝日に決定。式典の日程など

天皇即位の日となる5月1日には

  • 剣璽等承継の儀(けんじとうしょうけいのぎ)
  • 即位後朝見の儀
  • 改元

の儀式、式典が行われ、
その日は祝日となります。

また、「即位礼正殿の儀」が行われる
10月22日も休日となります。

天皇即位の日となる5月1日は毎年休みになるのか、
と期待している人もいるかもしれませんが、
「2019年に限り」という決定になっています。

なので毎年ゴールデンウィークが10連休にはならないんです。

天皇即位に関する式典、休日の詳しい解説はこちらのページ

剣璽等承継の儀とは

5月1日に行われる儀式の
剣璽等承継の儀(けんじとうしょうけいのぎ)とは
簡単に説明すると、

皇位の象徴である剣璽(けんじ)
天皇としての執務に使うハンコ

を承継する儀式です。

また、同じ日に
即位後朝見の儀(そくいごちょうけんのぎ)が行われます。

これは天皇が即位後に
国民を代表する人物である、
三権の長と公式に面会することを言います。

三権の長とは

  • 総理大臣
  • 衆・参両院国会議長
  • 最高裁判所長官

のことです。

そして
10月22日に行われる
即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)とは
新しい天皇を内外に発表するパレードを行う事です。

剣璽等承継の儀(けんじとうしょうけいのぎ) に関する詳しい解説は

10月22日も祝日。即位礼正殿の儀とは

2019年は10月22日も祝日で休みになります。

この日に行われるのは
即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)です。

詳しい解説は

2020年の祝日一覧表

2020年は新しい天皇誕生日や
オリンピック関連の祝日移動などで
例年とは違う祝日カレンダーになります。

内閣府発表の最新情報をお伝えしています。

天皇即位で話題の「恩赦」とは。

恩赦とはその時点で刑罰を受けている者の刑罰を軽くしたり、
取り消したりするものです。
日本では「恩赦法」という法律もあります。

過去の事例では恩赦が適用されるのは
交通違反のような被害者のいない事例に限定されています。

なので、恩赦があるからと言って
大勢の犯罪者が刑務所から
出て来るというわけではありません。

被害者感情への配慮もされるし、
恩赦によって治安が悪化することは
考えにくいわけです。

恩赦に関する解説はこちらのページ

平成天皇在位30年記念硬貨が発売

新しい天皇陛下の即位の記念硬貨の発売が期待されますが、
それに先立って
平成天皇の天皇陛下在位30年を記念して、
金貨(額面1万円)と銅貨(額面500円)が発行されます。

平成天皇は退位が決まっているので
在位記念硬貨はこれが最後です。

入手方法や販売場所などはこちらのページ

コメント