梅雨入りと明けの予想2019年【関東甲信】

梅雨
スポンサーリンク

2019年関東甲信の梅雨入り・明け予想

2019年の関東甲信の梅雨入り・明けの時期を予想します。

気象庁発表の過去データから最近の傾向などをまとめました。

【追記】令和元年は6月7日ごろ梅雨入りと発表がありました。

2019年の関東甲信の梅雨入りは6月7日ごろ

2019年の関東甲信の梅雨入りは6月7日ごろと発表がありました。

平年より1日早い梅雨入りとなりました。

平年と直近5年の梅雨入りのデータは下記の通りです。

  • 平年:6月8日ごろ
  • 2014年:6月5日ごろ
  • 2015年:6月3日ごろ
  • 2016年:6月5日ごろ
  • 2017年:6月7日ごろ
  • 2018年:6月6日ごろ

引用元:気象庁

近年では関東地方の梅雨入りはほぼ平年並みの年が多くなっています。

令和元年も平年と1日違いなので予想がたてやすい年だったかな、という印象です。

スポンサーリンク

2019年の関東甲信の梅雨明けは7月5日から20日前後と予想

2019年の関東甲信の梅雨明けは7月5日から20日前後と予想します。

平年と直近5年の梅雨明けのデータは下記の通りです。

  • 平年:7月21日ごろ
  • 2014年:7月21日ごろ
  • 2015年:7月10日ごろ
  • 2016年:7月29日ごろ
  • 2017年:7月6日ごろ
  • 2018年:6月29日ごろ

引用元:気象庁

関東甲信の梅雨明けの平年は7月21日となっていますが、
実際の梅雨明けの時期はバラバラな印象を受けます。

2018年は観測史上初めて6月中に梅雨が明けました。

かと思えば2016年は平年よりも一週間以上遅い7月29日の梅雨明けでした。

年によっては梅雨明けが8月にずれこむこともあるようですが、
その可能性は低いでしょう。

当サイトでは予想をやや広めにとって、
2019年の関東甲信の梅雨明けは7月5日から20日前後と予想します。

スポンサーリンク

梅雨の定義

梅雨は、春から夏に移行する過程で、その前後の時期と比べて雨が多くなり、日照が少なくなる季節現象です。梅雨の入り明けには、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。ここに掲載した期日は、移り変わりの期間の概ね中日を示しています。

引用元:気象庁

気象庁では梅雨とは上記のように定義しています。

梅雨の入りと明けには5日間程度の「移り変わり」の期間があり、発表されている日付はその中日をさしていることが多いです。

関東甲信地方に属する都県

  • 東京都
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 茨城県
  • 千葉県
  • 神奈川県
  • 長野県
  • 山梨県

関東甲信地方には上記の9都県が含まれています。

引用元:気象庁(全般気象情報などに用いる地域名)

関東甲信の梅雨の雨の降り方

関東甲信地方の梅雨は年によって降雨量がまちまちです。

関東甲信地方の梅雨の雨量は都市部の水不足などに影響が大きいです。

カラ梅雨だと東京で水使用の制限が呼びかけられたり。

2016年、2017年はいずれも平年雨量と比較して70%台と
雨の少ない年でした。

降りすぎも困りますが、雨が少ないと別の問題も発生します。

令和最初の梅雨には、ほどほどの降雨量を期待しましょう。

以上、2019年の関東甲信地方の梅雨入り・明けの予想でした。

コメント