梅雨入りと明けの予想2019年【関西・近畿】

梅雨
スポンサーリンク

2019年関西・近畿の梅雨入り・明け予想

2019年の関西・近畿の梅雨入り・明けの時期を予想します。

気象庁発表の過去データから最近の傾向などをまとめました。

2019年の関西・ 近畿の梅雨入りは6月26日ごろ。最も遅い梅雨入り

2019年の関西・近畿の梅雨入りは6月26日ごろと発表がありました。

最も遅い梅雨入りとなりました。

平年と直近5年の梅雨入りのデータは下記の通りです。

  • 平年:6月7日ごろ
  • 2014年:6月3日ごろ
  • 2015年:6月3日ごろ
  • 2016年:6月4日ごろ
  • 2017年:6月20日ごろ
  • 2018年:6月5日ごろ

引用元:気象庁

関西・近畿地方の梅雨入りはここ数年は平年よりも早い傾向があります。

2017年はだいぶ遅いですが、
この年は全国的に遅めの梅雨入りとなっているため
例外的と見ていいでしょう。

追記・近年はやや早めに梅雨入りする年が多かったのですが、2019年は最も遅い梅雨入りとなりました。

スポンサーリンク

2019年の関西・近畿の梅雨明けは7月15日から20日前後と予想

2019年の関西・近畿の梅雨明けは7月15日から20日前後と予想します。

追記・近年はやや早めに梅雨入りする年が多かったのですが、2019年は最も遅い梅雨入りとなりました。このため、梅雨明けもこの予想よりも大幅に遅くなる見込みとなりました。

平年と直近5年の梅雨明けのデータは下記の通りです。

  • 平年:7月21日ごろ
  • 2014年:7月20日ごろ
  • 2015年:7月24日ごろ
  • 2016年:7月18日ごろ
  • 2017年:7月13日ごろ
  • 2018年:7月9日ごろ

引用元:気象庁

ここ数年は平年よりも早い梅雨明けが多くなっています。

今年も平年並みか、やや早い梅雨明けとなると当サイトでは予想し、
2019年の関西・近畿の梅雨明けは7月15日から20日前後と予想します。

スポンサーリンク

梅雨の定義

梅雨は、春から夏に移行する過程で、その前後の時期と比べて雨が多くなり、日照が少なくなる季節現象です。梅雨の入り明けには、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。ここに掲載した期日は、移り変わりの期間の概ね中日を示しています。

引用元:気象庁

気象庁では梅雨とは上記のように定義しています。

梅雨の入りと明けには5日間程度の「移り変わり」の期間があり、発表されている日付はその中日をさしていることが多いです。

近畿地方に属する府県

近畿地方には

  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県

以上の6つの府県が含まれます。

いわゆる「関西」と言われる地域ですね。

関西・近畿の梅雨の雨の降り方

関西・近畿地方は気象庁ではひとまとめにしてありますが、
地域によって雨量がだいぶ違います。

兵庫や大阪などの瀬戸内気候区

兵庫や大阪などは瀬戸内気候区と呼ばれる
少雨で温暖な地域です。

少雨とは言え、梅雨時期には局地的に大雨が降る地域があります。

神戸などの六甲山の山沿いエリアは比較的大雨が降りやすいです。

「山の天気は変わりやすい」と言われますが、
その通りに局地的な大雨などに注意しましょう。

紀伊半島

紀伊半島はエリアによって雨量が全く違います。

例として和歌山県を紹介しますが、
南北に長い和歌山県は
北部では穏やかな瀬戸内気候区、
南部は雨が多くなります。

引用元:和歌山県HP

海沿いか、山沿いか。
北部か、南部か、など場所によって気候が違います。

関西・近畿地方へお出かけの際にはエリアごとの情報を
手に入れましょう。

以上、
関西・近畿の梅雨入りと明けの予想でした。

コメント