梅雨入りと明けの予想2019年【四国】

梅雨
スポンサーリンク

2019年四国の梅雨入り・明け予想

2019年の四国の梅雨入り・明けの時期を予想します。

気象庁発表の過去データから最近の傾向などをまとめました。

2019年の四国の梅雨入りは6月26日ごろと発表

2019年の四国の梅雨入りは6月26日ごろと発表がありました。

平年よりも21日遅い、最も遅い梅雨入りとなりました。

平年と直近5年の梅雨入りのデータは下記の通りです。

  • 平年:6月5日ごろ
  • 2014年:6月2日ごろ
  • 2015年:6月2日ごろ
  • 2016年:6月4日ごろ
  • 2017年:6月20日ごろ
  • 2018年:6月5日ごろ

出典元:気象庁

四国の観測史上、最も遅い梅雨入りは1967年の6月21日頃でしたが、2017年はそれに次いで2番目に遅い梅雨入りでした。

2019年はそれよりもさらに遅い6月26日ごろの梅雨入りで遅い記録を更新しました。

スポンサーリンク

2019年の四国の梅雨明けは7月10日前後と予想

2019年の四国の梅雨明けは7月10日前後と予想します。

追記・2019年は最も遅い梅雨入りとなったため、梅雨明けも予想よりも大幅に遅くなる見込みとなります。

平年と直近5年の梅雨明けのデータは下記の通りです。

  • 平年:7月18日ごろ
  • 2014年:7月20日ごろ
  • 2015年:7月24日ごろ
  • 2016年:7月18日ごろ
  • 2017年:7月13日ごろ
  • 2018年:7月9日ごろ

出典元:気象庁

四国の梅雨明けの平年は7月18日ですが、
2014年、2015年は平年より遅く、
2016年は平年並み、
2017年、2018年は平年よりも早く梅雨明けしています。

このため、近年は早めに梅雨明けする傾向があるので
当サイトでは2019年の四国の梅雨明けは7月10日前後と予想します。

スポンサーリンク

梅雨の定義

梅雨は、春から夏に移行する過程で、その前後の時期と比べて雨が多くなり、日照が少なくなる季節現象です。梅雨の入り明けには、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。ここに掲載した期日は、移り変わりの期間の概ね中日を示しています。

引用元:気象庁

気象庁では梅雨とは上記のように定義しています。

梅雨の入りと明けには5日間程度の「移り変わり」の期間があり、発表されている日付はその中日をさしていることが多いです。

四国地方に属する県

四国地方に属する県は

  • 香川県
  • 愛媛県
  • 徳島県
  • 高知県

の4県です。

気象庁では細分地域名という発表では
四国を瀬戸内側と太平洋側とで分けることもあるようですが、
梅雨入り・明けの発表の場合は四国全体をひとまとめにしています。

四国の梅雨の雨の降り方

四国の梅雨の特徴としては
年によって降水量にばらつきがあることです。

2017年は平年比で81%と少なめだったのに対し、
2018年は平年比が156%とかなり多く降りました。

これは梅雨前線が四国付近で停滞した場合に降雨量が増え、
そうでない場合は降雨量は比較的少ない、というのが原因です。

梅雨の雨は多すぎれば災害の危険性は増しますが、
少なすぎると水不足を引き起こします。

ほどほどの量が降ってくれることを期待しましょう。

以上、四国の梅雨入り・明けの予想でした。

コメント