梅雨入りと明けの予想2019年【中国】

梅雨
スポンサーリンク

2019年中国の梅雨入り・明け予想

2019年の中国の梅雨入り・明けの時期を予想します。

気象庁発表の過去データから最近の傾向などをまとめました。

2019年の中国の梅雨入りは6月26日ごろと発表

2019年の中国の梅雨入りは6月26日ごろと発表がありました。

平年よりも19日遅い、最も遅い梅雨入りとなりました。

平年と直近5年の梅雨入りのデータは下記の通りです。

  • 平年:6月7日ごろ
  • 2014年:6月2日ごろ
  • 2015年:6月2日ごろ
  • 2016年:6月4日ごろ
  • 2017年:6月20日ごろ
  • 2018年:6月5日ごろ

引用元:気象庁

ここ数年は平年よりも早い梅雨入りが増えていましたが、2019年は6月26日ごろとなりました。

2019年の中国の梅雨明けは7月10日前後と予想

2019年の中国の梅雨明けは7月10日前後と予想します。

追記・2019年は最も遅い梅雨入りとなったため、梅雨明けも予想よりもかなり遅くなると予想されます。

平年と直近5年の梅雨明けのデータは下記の通りです。

  • 平年:7月21日ごろ
  • 2014年:7月20日ごろ
  • 2015年:7月24日ごろ
  • 2016年:7月18日ごろ
  • 2017年:7月13日ごろ
  • 2018年:7月9日ごろ

引用元:気象庁

中国の梅雨明けの平年は7月21日ですが、
ここ数年早まってきている傾向があるので
当サイトでは去年とほぼ同じ時期の7月10日前後と予想します。

梅雨の定義

梅雨は、春から夏に移行する過程で、その前後の時期と比べて雨が多くなり、日照が少なくなる季節現象です。梅雨の入り明けには、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。ここに掲載した期日は、移り変わりの期間の概ね中日を示しています。

引用元:気象庁

気象庁では梅雨とは上記のように定義しています。

梅雨の入りと明けには5日間程度の「移り変わり」の期間があり、発表されている日付はその中日をさしていることが多いです。

中国地方に属する県

中国地方に属する県は

  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
  • 広島県

以上の4県です。

山口県は気象庁発表の場合は九州北部に含まれます。

中国の梅雨の雨の降り方

広島地方気象台は中国地方の梅雨の特徴を次のように発表しています。

6月ごろから7月ごろは、梅雨と呼ばれる雨の多い時期があります。
 梅雨期の気象の特徴は、梅雨前線が日本付近に停滞し、前線上を低気圧が次々と進んできます。梅雨時期のはじめは、梅雨前線が日本の南にあるため中国地方への影響は小さく、大きな天気の崩れにはなりません。前線が太平洋高気圧の強まりと共に徐々に北上すると、曇りや雨の天気が続くようになります。梅雨後半には太平洋高気圧が強くなり、前線が西日本付近や日本海南部に停滞することが多くなり、前線の活動が活発となって大雨の降ることが度々あります。中国地方での記録的な豪雨も、この時期に起こっています。
 7月の後半になると、太平洋高気圧の勢力がさらに強くなり、梅雨前線が日本海北部付近へ北上し、梅雨明けとなります。

引用元:広島地方気象台

また、中国地方は山陰と山陽では降水量などもかなり違うため、
地域ごとの情報にも注目したほうが良さそうです。

以上、中国の梅雨入り・明けの予想でした。

コメント