薄毛の原因には何がある?防ぐための日常行動

男の身だしなみ
スポンサーリンク

薄毛の原因で多いagaとは

agaとはandrogenetic alopeciaの略で、
日本語では男性型脱毛症と訳されています。

科学的に全てが解明されている訳ではありませんが、
現時点では遺伝や男性ホルモンの影響が原因であると考えられており、
思春期以降になると頭頂部や額の生え際の髪の薄毛や抜け毛が進行します。

長年の専門機関による研究の結果、
脱毛が発症した箇所には男性ホルモンの一種である
ジヒドロテストステロンが高濃度で存在し、
発毛を促す成長期を短くしてしまうことが判明しました。

かつては毛根の老化や退化によるものだと言われていましたが、
この作用が分かってからagaは
治療や加療が必要な病気の一種として扱われるようになりました。

一度発症すると進行し続けて
決して自然治癒することは無いため、
放置することなく早めに対処することが大切です。

薄毛の原因は解明していない?

人体の仕組みの研究は年々進んでいますが、
それでもまだまだ未解明の部分が多いのが現実で、
ゲノム研究が本格的に進んで来たのも
2000年代に入ってからであるのに加えて、
遺伝子や男性ホルモンを薄毛の原因と
結びつけるようになったのもここ数年の出来事です。

しかし、その中でも男性ホルモンの
ジヒドロテストステロンや
酵素の5αリダクターゼの作用により、
髪の成長を妨げたり薄毛や抜け毛を進行させることが分かっています。

agaが発症している方はこれらのホルモンや
酵素が多く分泌される体質であることが多く、
投薬治療により働きを阻害することで
改善が見られることが実証実験でも明らかになりました。

従って、ジヒドロテストステロンと
5αリダクターゼが原因のagaが発症している方であれば、
早めに対処することで十分完治させることが可能です。

薄毛の原因は食生活にもある

薄毛は男性ホルモンや酵素の影響だけではなく、
食生活による栄養バランスも大きく影響します。

太くて丈夫な毛髪を産生するには健全な頭皮環境が大切ですが、
ラーメンなど脂質の多い食べ物ばかりを摂取した場合に
毛根のそばにある汗腺からの分泌物が増えることで、
皮脂汚れが発生しやすくなります。

そこまでに至ると古い角質の排泄が上手く行かなくなり、
肌の細胞が生まれ変わるターンオーバーが
乱れることで汚れが溜まり続けた結果、
炎症を起こして毛髪が育つのを阻害してしまいます。

太くて強い髪を育てるためには
頭皮環境を整えることが第一歩で、
地肌に優しいシャンプーで常に清潔にするのはもちろんのこと
栄養バランスを考慮した食事を心がけたいところです。

薄毛の最大の原因とも言われるストレス

人間は体温調節の目的だけではなく緊張や興奮、
ストレスなどを受けると汗をかき、
雑菌などと反応すれば嫌な臭いを発したり
地肌への炎症を与えて薄毛の原因となることがあります。

また、最近の研究では対人関係などで
極度なストレスを感じると
成長ホルモンの分泌が阻害されることが分かっており、
それは髪の成長にも大きな影響を与えます。

成長ホルモンが最も分泌されるのは睡眠中で、
この間に毛髪の成長や肌の細胞が生まれ変わる
ターンオーバーなどが促されますが、
睡眠不足となればこのプロセスが
達成できないまま目覚めることになり、
成長し切れなかった細くて弱い毛が生えてきてしまいます。

これらの薄毛の原因をひとつでも解消するために、
毎日をポジティブな気持ちで暮らせるように
心がけたいところです。

以上、薄毛の原因と防ぐための日常行動についてでした。

コメント