薄毛治療の費用はこれだけかかる

男の身だしなみ
スポンサーリンク

薄毛治療の費用。病院だと

薄毛治療の費用は、
病院の場合だと内服薬の処方で
月々7千円から1万5千円ほどの負担が発生します。

概算だと初診料は3千円ほどで、
2回目以降は再診料を含んだ金額が薬の処方代金となります。

内服薬は対症療法ですから、
服用期間は治療を続ける間なので、
数十年単位で毎月コストの負担がかかります。

外科的な治療法だと更に費用がアップするので、
無理なく負担できる許容可能なコストや、
期待が持てる効果と相談して
治療法を選択することが大切です。

内服薬だと継続や中断が容易ですし、
毎月の費用がほぼ一定ですから、
計画的に治療を始めたり続けられるでしょう。

いわゆる後発薬で薬代を安くする方法もあるので、
長期間の治療が必要だとしても、
無理のない薄毛治療が可能です。

一方で外科的な治療法だと、
1回数万円から10万円以上の費用が発生しますし、
複数回の治療が必要になることも珍しくないです。

薄毛治療は保険が適用されるの?

薄毛治療の多くは保険適用外なので、
基本的に自由診療の自己負担と考えるのが妥当です。

治療の種類は、
内服薬の服用と頭皮に薬を注入する方法や、
細胞の成長因子を注入するタイプがあります。

他にも、人工毛や自毛を移植する治療法があって、
これらが主要な薄毛治療方法となっています。

ただ、薄毛は命に関わる疾患ではないですし、
法的には美容目的に分類されるので保険適用外です。

男性特有のAGAではなく、
女性も患うこともある円形脱毛なら、
全額自己負担を回避できる可能性があります。

しかし、症状や治療法によって適用と不適用が決まるので、
治療を受ける医師に相談することが必要です。

殆どの薄毛治療は残念ながら自己負担ですから、
治療の必要性や費用を天秤にかけて、
納得してから治療を受けるのが理想的です。

薄毛治療薬の費用

薄毛治療薬の費用は、
市販薬と処方薬で異なる傾向で、
前者は2千円台から8千円台と幅が広いです。

成分も商品によってかなり違いますし、
男性向けの他に女性の使用を前提とした
市販薬まで存在します。

対する処方薬は、
医薬品を自由診療の自己負担を行う形なので、
費用は毎月7千円から1万5千円くらいとなります。

両者を比較すると、
薄毛治療薬の費用はほぼ倍の差があって、
これが毎月の負担になるわけです。

どちらを選ぶかはその人次第ですが、
医学的な根拠のある治療を受けるのであれば、
必然的に医療機関で
薄毛治療薬を出してもらう必要があります。

比較的手頃な薬を選び、
更に後発薬を希望することで費用が軽減できるので、
負担が大きいと感じたら医師に要相談です。

薄毛治療の効果は

薄毛治療の効果は、
使用する薬や受ける治療によりますが、
内服薬は実績が豊富で
抜け毛を含めた薄毛の改善に期待できます。

外科治療を必要としないで
効果が発揮されればコスパは高いですし、
後は毎月決まった費用を負担するだけで、
毛量を維持することが可能となります。

また、内服薬には外用薬と組み合わせる方法もあって、
相乗的に薄毛治療を行うこともできるようになっています。

当然ながら費用の負担は増しますが、
その分相乗的な作用で薄毛の改善を目指せます。

頭皮に薬剤や成長因子を注入する治療法だと、
1回数万円から10万円はかかりますが、
薬の服用とは異なる、
身体の内側からの回復に期待できるでしょう。

自毛植毛はコスパが微妙ですが、
拒絶反応の心配はなく
自然な仕上がりが望めるのが強みです。

以上、薄毛治療の費用概算についてお知らせしました。

コメント