薄毛予防に効果的なお風呂の入り方

男の身だしなみ
スポンサーリンク

薄毛予防に効果的なお風呂の入り方

熱湯はNG!

お風呂の温度は熱すぎないように気をつけましょう。

「39~40度」くらいが薄毛予防に最適な温度と言えるでしょう。

そして、お風呂には必ず15分以上入るようにしましょう。

長ければ長いほど身体を内側から温めてくれます。

また、長く浸かることにより、
汗をかいて代謝も良くなります!

さらに「血行促進」にもつながり、
髪の毛の成長に必要な栄養素をしっかりと
頭皮に届けることができます!

入浴後はしっかり汗を流す

お風呂にゆっくり浸かった後は、
シャワーでしっかりと汗を流しましょう!

その場合は頭からシャワーを浴びます。

体はお風呂に入って濡れているので
汗をかいている自覚がないかもしれません。

しかし、頭皮には汗をかいており、
これを放置すると髪の毛に悪影響が出るかもしれません。

汗はカビ等の細菌が繁殖しやすく、
特に肌が弱い人は放置していると、
薄毛や抜け毛だけではなく、
かゆみや炎症等の原因にもなってしまいます。

なので湯船につかった後はシャワーを頭から浴びましょう。

スポンサーリンク

間違ったお風呂の入り方とは?

シャワーだけでお風呂に入らない

日頃からシャワーだけで、
お風呂に入らないという方は、
なるべくお風呂の湯に浸かるようにしましょう!

温かいお風呂にゆっくりと浸かることにより、
血行促進やリラックス効果があり、
薄毛の原因とも言われる「ストレス」を解消することができます!

また、身体を温めることにより、
女性ホルモンの分泌を促すこともできます!

さらに、シャワーだけでは、
身体の表面しか温めることができず、
内側まで温まらないので、
すぐに身体が冷えてしまいます。

薄毛を予防するためにも、
毎日、しっかり湯船に浸かり、
身体を内側から温めることをおすすめします!

朝にシャンプーをする

日頃から習慣的に朝シャンプーをしている方は要注意です!

朝にシャンプーをすることにより、
夜に分泌された頭皮の「皮脂」が洗い流されてしまいます。

この「皮脂」は日中の紫外線等の
外からの刺激を防ぐ効果があり、
頭皮を乾燥させないようにする働きもあります。

しかし、朝にシャンプーをすることで、
ほとんどの「皮脂」が洗い落とされてしまいます。

また、落ちてしまった「皮脂」を補うために、
過剰分泌してしまう可能性もあります。

過剰分泌することにより、
頭皮の臭いの原因になったり、
カビ等の細菌の繁殖も招いてしまいます。

なので、シャンプーは夜に一回だけするように心掛けましょう!

もし、寝癖直しのために、
毎朝シャワーを浴びているという方は、
シャンプーを使用せずに頭皮に軽くお湯を当てる程度にして、
「皮脂」を落としすぎないように注意しましょう!

いかがでしたか?

今回ご紹介しました「薄毛予防に効果的なお風呂の入り方」を
生活習慣に取り入れることで【育毛の近道】になること間違いなしですよ。

ぜひ実践してみてください。

コメント