薄毛になったらシャンプーの仕方はこうするべき

男の身だしなみ
スポンサーリンク

薄毛のためのシャンプーはアミノ酸

薄毛になる原因の一つとして、頭皮への刺激が挙げられます。

それはシャンプーをするときにも言えることであり、
なるべく低刺激性のものを使用することが大切です。

市販のシャンプーのなかには、
洗浄力を重視しすぎているものが少なくありません。

たしかに汚れを落とすことは大切であり、
油分が残りすぎると
毛穴の詰まりの原因になってしまいます。

しかし、皮脂を取りすぎると
頭皮のバリア機能が損なわれる恐れがあるのです。

そのため、ある程度は油分を残すことが
重要なポイントになってきます。

適度な分量であれば、
水分が蒸発するのを防ぐなど
頭皮に対してプラスに作用してくれます。

それらの条件を兼ね備えた
低刺激性のアミノ酸シャンプーを使うと良いでしょう。

薄毛のシャンプーの仕方。洗い方をマスターせよ

良いシャンプーを選んでも、
洗い方が適切でなければ台無しになってしまいます。

よくあるのは強引に洗ってしまう失敗です。

力強く擦らないと汚れが取れないという
強迫観念がそうさせます。

実際にはそれほど力を入れなくても
十分にきれいにできます。

力を入れすぎると、
摩擦で髪の毛を引っ張ることになり、
抜け毛を増やす結果になりかねません。

たとえ抜けなくても、毛根にダメージを与えることになります。

そのため、ゴシゴシはNGと考えておきましょう。

また、熱いお湯で流すのも良くありません。

頭皮が軽く火傷をした状態になることがあります。

熱いと皮脂が容易にとけてしまい、
バリア機能の低下につながる
リスクも生じるので注意しなければなりません。

薄毛のシャンプーの頻度。毎日洗っていいのか

シャンプーの注意点を知ると、
毎日洗うのが面倒になる場合もあるでしょう。

ダメージを与えるぐらいなら、
洗う頻度を下げたほうが得策と考える人もいます。

しかし、シャンプーをしなければ
頭皮環境が悪化していくのは避けられません。

生活しているだけで
髪や頭皮にはいろいろな汚れが付着します。

新陳代謝によって
頭皮の角質が剥がれて残ることも多いです。

それらが溜まっていくと、
毛穴に入り込んで炎症を起こすなど
大きなトラブルを引き起こすこともあります。

そのような事態を避けるため、
洗う頻度を下げるのは必ずしも
得策とはいえません。

基本的には、
適切なシャンプーを選んで正しい方法で行うなら、
毎日洗っても問題のない
ケースがほとんどです。

シャンプー後の育毛剤で相乗効果

シャンプーの選択や方法を改善するだけでも
成果を期待できますが、
育毛剤を併用するとさらに
良い結果を得られる可能性があります。

毛穴の汚れが取れることで、
育毛剤が奥のほうまで浸透しやすくなるからです。

いくら高級な商品を使用していても、
毛穴の詰まりによって
邪魔されると高い効果を期待できません。

すなわち、シャンプーによって清潔になった頭皮は、
育毛剤と非常に相性が良いということです。

また、血流が良くなることも期待できる
効果の一つとなっています。

ポイントになるのは、
育毛剤を使用するときに
マッサージを行うことです。

ほどよい刺激により血行が促進されると、
栄養素が頭部に届きやすくなります。

髪の毛を作る成分が
毛根の細胞で多く使われるということです。

以上、薄毛になったら意識すべきシャンプーの仕方についてお知らせしました。

コメント